VOICEお客様の声

まるで新築の家みたい

img76

まるで新築の家みたいでとにかく全てが気に入っている!!

リフォームコンセプト「シンプル」~大正から平成へ~


子供の頃に過ごしていた家は、純粋に住むことの楽しみを教えてくれる思い出の場所。一度離れみた事で、改めてその価値を感じた。リフォームは、その家に快適さを加え、生まれ変わらせてくれた。


◇Before◇


大正時代に建てられた家を昭和33年に購入。閑静で環境も良く、子育てには最適だった。ところが、車社会になると駐車スペースがなく、45年に高根沢町に新築の家を購入。その後は、ある会社の社宅として貸していた。次女が東京から戻ることになり、思い出の家に住むことにした。


ところが、古くなってほこりっぽく、寒くて暗く住みにくい。古風な風情は心が落ち着くので気に入っていたし、なによりも自分が育った思いで深い家を大切にしたくて、リフォームすることに。インターネットで話題の「息吹の家」を知り、訪問してみてお願いすることにした。


◇After◇


リフォームの感想とポイント


・センスと提案が素晴らしく新築同様に生まれ変わった。


・思い出がつまった品がいろんな所に活かしてある。


・お父さんのとっておきの宝物の陶板を玄関に埋め込んでくれた。


・古い障子を利用したのがアクセントになっている。


・料理好きで、よく開くホームパーティにも対面式のキッチンは最高。


・本好きにはトイレの本棚が嬉しい。


・収納がすばらしく、洗濯機まで目隠ししてくれた。


・バスルームのTVに父娘は大満足。


・縁側のイメージを残してくれて庭が眺められる。


・家の裏側に出られるドアが意外に便利。