VOICEお客様の声

  • 豊かな人生の為に

    リフォームコンセプト「愛を詠う家」言葉は少ないが、変わらぬ愛情で家族を支えるご主人。自分よりも周囲への気配りを優先する奥様。そこには相手を思いやる「愛」が溢れている。人生をもっと楽しみ、快適で安心な毎...

  • ズンドコリフォーム!

    リフォームコンセプト「ズンドコリフォーム!」 リフォームとは、良い所や大切にしているものを残し、不満に感じている事を改善して、家族の生活をより豊かにし、絆を深める手段。田崎邸は、まさにそんな...

  • シンプルモダン

    リフォームコンセプト「シンプルモダン」 今回リフォームで快適空間を手にしたのは、お料理教室「ナチュラルクッキングクラブ」を主宰し、とちぎの生活応援マガジン「トチペ」の「かんたんれしぴ」でおなじみの永井...

  • バトンタッチ

    リフォームコンセプト「バトンタッチ」リフォームは、家族のしあわせを考えるとてもよい機会となった。親への感謝、がんばってきた自分たちへのご褒美、家を継ぐという本当の意味。カタチとキモチのバトンタッチ! ...

  • きっかけ

    リフォームコンセプト「きっかけ」畑で育てた無農薬野菜を、家族やゲストとの会話を楽しみながら料理する。集めた小物を季節ごとに飾る。大切にしまっておいた烏山和紙を障子にに活かす。等々。「夢が全て叶った!」...

  • 副来るべ

    リフォームコンセプト「福来るべ」今まで仕事が第一で、自分たちの生活は二の次三の次にしてきたお二人。でも、いつも夫婦二人三脚で笑顔が絶えない。その笑顔がこれからもずっーと続くように、自分たちの居場所があ...

  • ナチュラル&ワイド

    リフォームコンセプト「ナチュラル&ワイルド」~雪山と赤ちゃんと自転車と~スキーと自転車が趣味のご夫婦の間に赤ちゃんが誕生。これまでは外に出かける事が多かったが、これからは家の中での生活も大切な時間とな...

  • 宇都宮みんみん駅東口店

    宇都宮市は餃子消費量が全国一で、“餃子のまち”として知られている。その立役者が昭和33年創業の宇都宮みんみん。創業者が北京で覚えた味を持ち帰り開店。その後、時代の流れに合わせて...

  • ひとつ瓦屋根の下で

    リフォームコンセプト「ひとつ瓦屋根の下で」◇Before◇33年前に水戸から宇都宮に引っ越して来て、翌年今の家を新築。和風の平屋は趣があって落ち着いた雰囲気を醸し、重厚感あふれる瓦屋根はご主人のお気に...

  • スポーツバーFCボルトナット

    スポーツバー FC.BoltNut中学・高校とサッカー部に所属していた植村徹オーナーは、スポーツをするのも観戦するのも大好きだった。特にサッカーW杯アルゼンチン大会のTV画面一杯のスタジアムの紙吹雪に...

  • デイサービスセンター長屋門

    江戸時代から、この地にずっと根をおろして生活してきた鈴木家。敷地内には母屋や離れ家、大谷石の蔵が建つ。中でも、どっしりとした長屋門だ目を引く。時には、作業場や納屋となり、時には、隠居部屋や借間として、...

  • 活~いかすちから~

    ご両親が結婚して、この地に平屋の新居を構えた。荒川さんもここで生まれ育つ。一人っ子だったので、家を継いで一緒に住んで欲しいというご両親の願いもあり、荒川さんが20歳の頃二階建ての家を新築。ところが、間...

  • それぞれの想いをカタチに

    自然豊かな里山の南斜面の中腹に建つ高木邸は、ご夫婦が結婚して10年目に山を切り開いて新築したもの。太い柱も、山に生えていたケヤキ。あれから一男二女を育て、孫も生まれて三世代で楽しく暮らしている。料理が...

  • 目に見えない本当に大切なもの

    32年前に結婚した山崎さんご夫婦は、勤務先である日光市の社宅に10年間暮してから宇都宮に今の家を新築して移り住んだ。開放的な吹き抜けの間取りを取り入れたお気に入りの我が家から、ご主人は日光に通勤してい...

  • 将来楽々安心感

    昭和42年に結婚した阿久津さんご夫婦は、一男一女に恵まれ、ご主人の社宅で生活していた。35年ほど前宇都宮市内に数カ所所有していた土地の中から、自然豊かな里山を選び新居を構え、お子さんが小学校に入学する...

  • マイナス+プラス=幸せ

    18年前に22歳で新築の家を購入し、一人暮らしを始めた駒場さんは、その6年後に結婚。二人の男の子にも恵まれ幸せな生活を送っていた。ただ年々ひどくなる結露によるリビングの壁のシミや、ほとんど使わない和室...

  • 毎日をALOHAでいっぱいに

    東武おもちゃのまち駅のロータリーの一角に、濃色ウッドの佇まいが目を引く。4年前にオープンしたハワイアンジュエリーと雑貨の店『ルアナ』。一歩足を踏み入れると、そこはまるでハワイ。不思議と癒されるこの空間...

  • 四季の中で自然を身近に

    3年前に結婚し、実家と地続きの築30年の家で暮らし始めた高橋さんご夫妻。かつては二人のお姉様達もこの家で過ごしていたが、家の老朽化もあり、お父様から新築を勧められ決断。お父様同士が前からの知り合いだっ...

  • チコのワンワン物語

    ワンちゃんLOVEな岡本さん一家が営む美容室『チコ』。千葉県木更津からお祖父様の別荘があった今市に平成7年に移り住み、駐車場にお店を開いたのがはじまり。その時のお店はなんとお父様の手作りだったのだとか...

  • はるうらら

    この地に住み始めて100年以上にもなる柳田家は、昭和54年に今の家を建て、一時は4世代7人の大家族だったこともある。今は、結婚28年目を迎えたご夫婦とお祖母ちゃん、2人の娘さんの5人家族。仲の良い家族...

  • 光と風と笑顔の家

    玄関が一緒の2階建て二世帯住宅を新築した藤掛家は、4世代が同居する近所からうらやましがられるハッピー家族。3代目が建てた築60年の家は、増築や手直しを加えながら、長い間家族の営みを見守ってきた。楽しい...

  • 農産直売所みんなの『あぜみち』

    直売所なので農家直送の野菜が並ぶのは当たり前。でも、林社長は、「ただ物の売り買いの場所ではなく、いろんな情報が行きかい、皆がつながっていられるような場所にしたかった」と。8年前まで農業資材の営業マンと...

  • 継承、そして伝承・・・

    玄関を入ると格調ある老舗旅館のような空間が広がる。どっしりとした太い柱。高く吹き抜けた天井には、むきだしの太い梁。なんとも重厚な風格に、思わずため息がでるほど。伝統的な良さを活かし、現代生活の快適さを...

  • 親を思い 子を想う

    農家5代目宗一さんは、祖父が建てた築150年にもなる家と先祖達の思いを受け継ぎ、生まれた時から81年間ずっとこの家で暮らしきた。一家の大黒柱として、昭和27年に結婚してからは奥様と二人三脚で、両親や8...

  • もっと暮らしやすくあなたらしく

    「地元で社長になる」という夢を25歳の春に達成した?潟Iーリアル代表取締役の大塚訓平さんは、「街づくりと街興し」をテーマに土地の有効活用で業績を伸ばし始めた矢先に、不慮の事故で脊髄を損傷し、車いす生活...