VOICEお客様の声

四季を通して受け継がれる思い

DSC_9436-1000

F家では、那須連山や高原山が一望できる自然豊かな田園に囲まれた地で、3世代が仲良く暮らしてきた。


ご両親やご主人に先立たれ、今では息子さんと二人暮らし。広い敷地には、母屋、離れ、隠居屋が建っているが、これからのことを考え、母屋を新築することにした。


そんな折、近くに住む姉ご夫妻のYさんが、ドクターリフォーム・サンセイでリフォーム。その完成した家や仕事ぶりを見聞きし、信頼できると新築を依頼することにした。


特にこだわったのは、収納と動線。そして、北風が吹いても安心できる寒さ対策。


あれこれ迷いながら、何回も図面を描いてもらい、細かいところは、建てていくプロセスで決定。「職人さんも親身になってくれたし、水廻りのことでは、工事を手伝ってくれたお義兄さんに感謝。役所への手続や母屋の片付けから完成まで、いろいろと姉夫婦にはお世話になった」と、Fさんはしみじみと語った。


Fさんご家族とYさんご夫婦、そして、サンセイが一緒になってつくった家は、希望通り、収納がたっぷりあって、動線も生活しやすく仕上がった。特に、息子さんのアイデアで吹き抜けにしたリビングダイニングキッチンは、陽がさんさんと入り、明るくて温かな快適空間になっている。


続きの仏間スペースは、個性的な和風仕上げで、今までの仏壇がぴったりと入るように工夫してある。築30年の隠居屋も、母屋と廊下でつなげて残してあり、家族の思い出と絆は、新築でありながらも、しっかりと受け継がれている。