PROCESS&PRICEリフォームってどんな風に進めるの?このリフォームっておいくら…?
施工の様子とコスト

みんなを見渡し生活を 旧上河内町 1000万円~

11 12 13

■Before

新築の際、その後の家族構成の変化を考えず建ててしまい、子どもの成長に合わせて急遽増築をし、使いづらい間取りとなってしまった家は少なくありません。今回リフォームを決断されたこのお家もまさにそのケース。それに加え、基礎の一部が地盤沈下をしていることも悩みの種。

収納が使いづらく片付けがうまくいかない上に、奥に個室があり通路となってしまっているキッチンと、その隣にはあるが壁で分断されてしまっているためお料理を運ぶ事が面倒なダイニング兼リビング。
老朽化が進みお湯の出も悪く、冬場はとても寒いお風呂。

この辺りを一挙に解決するべく、テレビを観て以前から知っていたというドクターリフォーム・サンセイにリフォームを依頼。

現場調査や要望の聞き取りをしに、現場にスタッフが訪れ、後日図面や見積りの説明を受け、納得と安心。夢のリフォーム計画が始動致しました。

コンセプト

「幸の家」~理想のカタチ~

明るい家は、幸を呼び、元気な人が集まります。
元気な人は豊かな心を育みます。


住まいが元気なら人も元気。
住まう人が豊かなら住まいも元気。

元気はすべてにつながります。
人と住まいの理想のカタチ。

新しい年に向け新しい空間造りがスタートです!

21 22 23

■解体工事

建物の一部をリフォームする際に重要なポイントがいくつかあります。

その1:住みながらリフォームしますか?それとも仮住まいに引越ししますか?

当然、工事中には音や埃が出ますので、快適には暮らすことが出来ないのは事実です。ですが、お引越しの手間を考えると不便を承知で住みながらリフォームされる方が多いという事も現実です。工期や予算にも関係してくる所ですので、とても重要なポイントです。

その2:どこまでをバリアフリーにしましょうか?

全面リフォームであれば、当然全ての床の段差を取り除き快適なバリアフリー住宅にリフォームする事をおすすめしますが、部分的なリフォームの場合、どうしてもどこかで段差が生じます。それを理解した上で、その位置が重要となってくるのです。生活動線を考慮しより支障が少なく、施工が複雑にならない箇所を捜し当てることがポイントです。

その他にも、重要なポイントはたくさんございますが、今回はこの辺で。

工事は解体が終わり基礎の作業に入っていきます。

31 32 33

■基礎工事

住宅の基礎の作り方は大きく分けて2つあります。長くカステラのようにつながった布基礎と、四角い角砂糖のような束石を置いていく独立基礎。
今回のような部分リフォームの場合は、リフォームしない部屋の基礎の形状に合わせて行く事が建物にも負担の少ない方法と言えます。
土台と根太の加重が掛かる部分に、束石をモルタルで固めて置き、準備が整ったら床の下地を組んで行きます。快適バリアフリー空間の完成に向け工事は順調に進み、柱を抜き梁の補強工事を行っております。

41 42 43

■大工工事

対面キッチンからも庭を見渡す事が出来るリビングの窓には、大きな断熱サッシが入ります。眺望が良くなることに加え、明るく温かい部屋となりますので、これからの生活にとっても大きなプラス効果がありそうですね。
部屋の中では、ユニットバスも完成しました。お風呂が使えなかった期間ご夫婦には、近くにある温泉に通って頂いてましたので、まずは最初にバスタイムをゆっくりと味わって頂き今回のリフォームの効果を感じていただければと思います。
廊下の壁は砂壁でボロボロと剥がれ落ちてきてしまうというご不満をお持ちでしたので、今回の工事でその上から石膏ボードを貼りクロス仕上げとさせて頂きます。
リフォームは必要な部分にスポットを当て集中的に直すことが可能です。これから多く使いたい部屋は壁などを取払い大きな空間にし、断熱性も高めて行く。そんなには使わない部屋はクロスの張替え程度で抑えておく。ご家族の中でもよく検討し、ご予算に合わせたより効果の高いリフォームを実現してみて下さい。

51 52 53

■After

暗い上に収納が少なく、壁で仕切られていたため、お料理を運ぶことにも不便を感じていた奥様。完成後は食器のお片づけをしながらテレビも見られ、こたつに入っているご主人との会話も弾んでいるそうです。

トイレとお風呂もキレイにリフォームし、これからの老後の生活も一安心。もちろんバリアフリーです。

玄関入って正面にあった四角い竹の飾り柱は、そのままの位置で再利用。飾り棚と大谷石の組み合わせがステキにマッチしてますね。

リフォーム中、大工を始めとした職人たちも、奥様との会話で随分と仕事に励みが出来たそうです。そこに住むヒトも、それをつくるヒトも「人間」。
きっと仕上がりの満足度は、技術だけでなくそこに、相手を思いやる「心」が華を添え、高まっていくものなのでしょうね。

奥様、温泉好きなご主人と末永く、元気にお過ごし下さい。

お客様アンケートより

Q:ドクターリフォーム・サンセイに頼もうと思ったきっかけは?
A:リフォームのテレビ放送を見て、良い会社だと思っていました。リフォームを考え始めた時、たまたま友達が知り合いだと聞き、すぐに電話をさせていただきました。これも何かの縁があったように思います。

Q:デザイン性は?(5段階評価)
A:☆☆☆☆☆

Q:工事について
A:☆☆☆☆☆

Q:スタッフのマナー
A:☆☆☆☆☆

Q:スタッフにひとこと
私の体調が悪く、皆さんに迷惑をかけ不安もありましたが、気を使って下さりすばらしい家に心をこめて作っていただき感謝しております。ありがとうございます。