VOICEお客様の声

  • 冷たい印象にならないよう

    真岡市の木村歯科クリニックには、木村先生の親身な診察と治療が評判を呼び、毎日たくさんの患者さんが訪れます。そんなクリニックの建物はというと、長年多くの患者さんに親しまれていましたが、年数も経ち老朽化し...

  • 自分の部屋かと疑いました

    鈴木千恵子さんは、鳳流という日本舞踊の師範として、マンションの自宅を稽古場として使っています。 マンションは二十一年前の新築時に購入したものです。五年住んだ後、業者を通して貸すことにし、その間は東京へ...

  • 施主と施工業者の信頼関係

    ご主人の隆男さんは、ホームセンターを展開する株式会社カンセキにお勤めです。奥様の幸子さん、長女の美宇ちゃん、次女の美帆ちゃんとともに石橋町のアパートで暮らしていましたが、美宇ちゃんが来年幼稚園に入るの...

  • 家業を継いでくれる息子さん

    北條さんご一家は、真岡市で「魁」(さきがけ)という中華料理店を営んでいます。ご主人の文男さんと奥様の政江さんの長年の努力が実を結び、今では地元はもちろんのこと、遠来のお客様も数多くいらっしゃるという盛...

  • 馴染んだ温もりを残しながら

    昭和六年に上棟した家の老朽化が進み、新築を検討しましたが、それまで住んでいた家の温もりを残したいと考えていた登さんの意向を反映してリフォームすることにしました。その当時、テレビや雑誌において頻繁にドク...

  • 古い住宅がお洒落な事務所に

    若目田利浩さんは、三年ほど前、母屋に隣接する離れを事務所とし、ビデオ映像制作の事業を始めました。その離れは、以前祖父母が一階を使用し、若目田さん本人と姉がかわるがわる二階を使用していました。若目田さん...

  • 干渉しないで快適な暮らし

    常磐さんご一家は、転勤が多いご主人のお仕事の都合上、ご結婚されてから、なんと七回も引っ越しをされたそうです。「そろそろ落ち着きたくて」永住できる場所を探したところ、運良くご主人の義孝さんのご両親が住ん...

  • 夫婦ふたりで助け合って

    宇都宮市にお住まいの秋場さんご夫妻。ご主人の一晃さんと奥様の美代子さんは、ともに学校の教員でした。リフォームを思い立ったのは、ご主人の腰痛が悪化してから。ゆくゆく車椅子のお世話になる生活になったとして...