VOICEお客様の声

  • 先祖へのリスペクトで家族のベース基地がリスタート!

    DSC_0194 - 1000ピクセル

    「決め手は、山口社長が、まずはお仏壇に線香をあげ“家を見させてもらいます”と手を合わせてくれたこと」という半田さん。新築も検討したけど、両親が苦労して建てた家だけに、サンセイの先祖へのリスペクトにリフ...

  • 「田舎から世界へ」の志を受け継いだバーガーショップ

    DSC_0121_1000

    ある時は、カリスマ美容師。ある時は、ボクサー。そして、陶芸家になる時もあれば、人知れず地道にボランティアにいそしむ姿も。型破りな生きざまで、逢う人全てを魅了してしまう“ん太郎”氏。その根底には、ぶれな...

  • ナチュラルな癒し空間に仕上げた税理士事務所

    HP-1000

     ラテン語で「飛躍」という言葉「サリーレ」。岸 久貴 税理士事務所創立12年を契機に、平成28年11月11日、税理士法人化し社名を「税理士法人 サリーレ」と変更。平成29年6月1日には支店第...

  • ワンちゃんラブ♡ワンちゃん仕様のペンション

    DSC_0896_1000

     自然の中、愛犬との生活を楽しもうと、埼玉県から移住してきたIさんご夫婦。好奇心溢れる奥様とキュートで愛らしい三頭のワンちゃん達。ご主人の温かな眼差しから、結婚30年の息の合ったご夫婦の絆が...

  • みんなのお気に入りが詰まった素敵空間で親孝行

    DSC_8494-1000

    10年前に結婚を機に新築した家にご両親を迎えるにあたり、増築して二世帯住宅にしようと計画。展示場を見たりネットで検索したりして、イメージを膨らませていたが、ドクターリフォーム・サンセイの増築せずにコン...

  • 築50年の空き家がおしゃれCafeに進化

    DSC_5123-1000

    松が峰教会の北側にひっそりと佇む、大谷石を配したツタのからまる築50年の木造2階建ての空き家。 かつては、住まいを兼ねたテイラーで2階には洋裁学校があったとか。 自転車への熱い想いを持つ料理研究家の越...

  • 週1でカラダが変わる!

    DSC_8010-1000

    倉庫だったところをピラティス専用スタジオにリフォーム。外から見ると、白いエリアがヨガスタジオ、黒いエリアがピラティススタジオ。入口を入ると真ん中でセパレートされている。 ピラティスとは、ドイ...

  • 一級建築士 Banana Works LABO 始動!

    DSC_5427-1000

    新築事業一級建築士Banana Works LABO 本格始動!ドクターリフォーム・サンセイが、数々の難易度の高いリフォーム実績で優れた評価を得ているのは、単に「家」づくりではなく、施主さんたちの暮ら...

  • 築浅物件アメリカンハウス

    YO2_8495_1000

    福岡出身のご主人と静岡出身の奥様が結婚して、転勤で栃木に来て4年。自然大好きな二人にとって、中心市街地でのアパート暮らしはどうもしっくりこない。そこで、新築めざして土地探しを始めた。会社に近くて駅への...

  • 思い入れのある和室を 斬新なアイディアとDIYでリノベーション。

    yo2_1042_1000

      家族が多く賑やかなのは、子どもの成長にプラスなので、学校の年度切替りに実家に戻り、親と同居することにした。 お祖母ちゃんの思い出を残しつつ、和室をフローリングにしてキッチンは親世帯とは別...

  • ニャンダーLand

    cats

    中根家では、20年ほど前にお子さんが貰いネコをしてから、常にネコたちと同居。多い時で10匹を超えることも。当然、柱や壁には、ネコたちのひっかき傷がたくさんでき、築28年にもなると、水回りの老朽化が進み...

  • 家族の笑顔が広がる 和洋折衷快適空間

    dsc_5697-1000

    45年前、裏の山から切り出した木を使い、家族総出で建てた母屋は、建具までも親戚の手作り。思い出たっぷりの家ではあるが、水回りの老朽化と、部屋数はあっても間仕切りが多く、みんなが集まる茶の間が狭くて暗い...

  • 24時間365日 いつでも快適に ジャストフィット!!

    dsc_5969_1000

    数々の実績を誇るトレーナーが考案した、至高のパーソナルトレーニングで話題の、ボディメイクアップLAMUDA(ラムダ)を運営するMESSI㈱は、新しいコンセプトの「JUST FIT24」を、9月1日にオ...

  • 若者の住まう街づくりへのチャレンジ!!

    DSC_6337-1000

     宇都宮市の中心市街地にほど近い、ローカル線が走る閑静な住宅街には、今空き家が増え、高齢化が進んでいる。30坪の土地いっぱいに建つこの物件も、かつては街の床屋さんとして繁盛していた、木造2階...

  • オンリーワンのブランディングサロン

    DSC_3333-1000

    東京で美容師として歩き出したオーナーの石川雄太さん。「手に職を」でスタートして、徐々に本気モードになる。地元に戻り他店で12年間腕を磨き、その後、美容の聖地イギリスに留学。帰国後1年で独立。今年7月2...

  • フォームで仲間が集う

    GoToWebinar 000

    築40年の威風堂々とした塩田邸は、雨漏りや地面の湿気で床が傷み、2年前にドクターリフォーム・サンセイで一部をリノベーション。問題解決のための改修だったが、新たな機能や価値をプラスする提案で、思い出を残...

  • アウトドアとインドアが楽しめる家♪

    YO2_9583_1000

    「まさか、あの納屋が住めるようになるとは、びっくり。しかも、おしゃれなカフェみたい」と橋本さんご夫妻をうならせた今回のリフォームは、強度も断熱性能も著しく乏しい、築30年の米の貯蔵庫だった納屋の大改造...

  • ずっと一緒 ~寂しいこと5分の1 楽しいこと5倍!!~

    DSC_4499-500_1000

     空家になっていた築35年の4階建て自宅兼事務所ビルを、二世帯住宅にリフォーム。離れて暮らしていたお母様と娘さん家族が一緒に住み、3世代が同居することに。丁寧な説明と適正な価格からドクターリ...

  • サイクリングライフを楽しみ より充実した人生を♪

    DSC_3552s

    ”自転車のまち宇都宮”を中心に年々自転車愛好家が増えている中、ドクターリフォーム・サンセイは趣味としてロードバイクを楽しむユーザー向けに、トレーニングやメンテナンスのスペースを...

  • 家にいるような ゆったり 居心地のいい空間♪

    DSC_3365-1000

    コンパクトでありながら高機能を持つ新都市型ホテルとして根強い人気のアパホテルは、「お客様に最高のおもてなしを」というテーマのもと全国展開をしている。栃木県では、JR宇都宮駅東口から徒歩5分というアクセ...

  • この場所で 良い人と良い時間を

    DSC_7059-1000

    不慮の事故で車いす生活を送るようになった大塚訓平さんが、自宅を兼ねたバリアフリー体験型オープンハウス『mi+ta+su』をドクターリフォーム・サンセイで建てたのは、5年ほど前。「命があれば、あとはかす...

  • スローライフ/ロングライフ

    DSC_3731-1000

    ご主人を亡くされて10数年一人暮らしをしていたお母様が、最近転んでケガをしたことから同居することにした。築30年の家族の思い出がたくさん詰まったお母様の家をリフォームするにあたり、いくつかの業者に相談...

  • 季節と共に コーヒーと音楽とエトセトラ♪

    DSC_8442-1000

     「いつかは、田舎でコーヒー屋をやりたい」というのが、高根澤聡さんの夢だった。 ニューヨークでダンス、東京ではライブや飲食店の運営、空間プロデュースなど幅広く活躍していたが、4年前に結婚し昨年子どもが...

  • お洒落で優雅に暮らし楽しむ♪

    DSC_9615-1000

    自然豊かな丘の上に新築したのは27年前。佐藤さんが働いていた会社で温泉付分譲地を売り出すと、いち早く移り住み、事務所兼管理を担ってきた。二人の息子さんたちは自然の中でのびのびと育ち、今は独立。ご夫妻と...

  • 32年目の春 Kaiteki+Renovation

    DSC_5463-1000

     親しみを込めた挨拶“HOWDY(How do you do.の略語)”を店名に、二荒山神社の東、赤門通りにスポーツショップがオープンしたのは32年前。オーナーの増田さんは、東...

  • 新たなくらしへ

    DSC_2482-1000

     先代が東京から疎開して、この自然豊かな地に根をおろし、家族7人で幸せに暮らしてきた。やがて代替わりし、若夫婦が敷地内の離れに住み、さらに賑やかになった。 母屋は、部屋数は多い反面、それぞれが狭くて暗...

  • 優しい未来へのチケット

    DSC_4526-1000

    九州出身の井上さんご夫妻。仕事の都合で郷里を離れ、青森を経て宇都宮に移り住む。「田舎だけどちょっと都会で、とても住みやすい」と、建売住宅を購入したのが25年ほど前。10年前に一度リフォームし、器用なご...

  • ヒカリハウス de 明るい元気家族♪

    DSC_1645-1000

    愛娘も10歳になり、大学進学などで家を離れる日もそう遠くない。もっと家族みんなが便利で快適に暮らせるように、そろそろ家族の暮らし方を見直す時期になった。今までは、奥様の実家近くのアパートで仲良く親子3...

  • ただのガレージとは違う!! 特別な場所♪

    DSC_9476-1000

    区画整理にともない2年前に家を新築。かねてから計画していたガレージを、そろそろ造ろうと思いたつ。1年前に、角谷さんが経営する会社のリフォームをサンセイに依頼し、そのできばえに満足していたこともあり、今...

  • つい行きたくなっちゃう♪リラックス空間

    DSC_5950-1000

     千葉県出身の石倉聡先生は、先輩歯科医師から築12年の病院を譲ってもらい8年前に開院。家族と共に転居し、地域の人とのふれあいを大切に、早期虫歯治療や継続的な歯のメンテナンスの大切さを患者さん達に伝え続...

  • 普段の生活をもっと明るく楽しく♪

    DSC_6011-1000

    14年前に結婚した菊地さんご夫婦は、「普通の生活がしたい」という想いをずっと抱いていた。というのも、倉庫の2階に増築した和室3間と狭いキッチンでの4人暮らしは、子ども達の成長と共にさらに不便で狭く感じ...

  • ここから始まる新しい家族のかたち

    DSC_6454-1000

     納屋が住まいに変身! シンプルでおしゃれ、明るくて風通し抜群、しかも機能的。「リビングのでっかい窓からの眺めが最高」と大満足の高松さん。「広さも間取りも丁度いい。動線も生活スタイルにピッタリで、収納...

  • 大事なことは大事

    DSC_3274-1000

     3世代6人家族の斎藤家は、そろそろ子ども部屋が必要になってきた。和のしつらえがとてもステキな木造平屋建ては、新築のために壊すにはもったいないし、思い出もたくさん詰まっている。かといって、広い敷地内に...

  • 歯と歯ート❤のお医者様

    YO2_6769-1000

     歯医者さんというと、どうしても「痛い、怖い、嫌い」のイメージ。だから、痛くてがまんできなくなるまで放っておく人が多い。てづか歯科の手塚太加光院長は、「痛くなったら行くところではなく、“お...

  • 光そそぐ家

    _KRO7923-1000

    玄関脇の外壁に、聖書の一節を記した定礎が埋め込まれている。民家では珍しいこと。これからの人生が楽しく幸せであるようにと願いが込められている。というのも、末永さんご一家の自宅は、東日本大震災の被災地で、...

  • 思い出をつなぐ家

    DSC_1013 - 1000

    ご両親が建てた築33年ほどになる町田邸は、弟さんが亡くなり空屋になってしまった。すぐ近くに暮らす町田さんは、ご両親やご兄弟が大事に暮らしていた住まいを大切に残したいと思い、住み替え、住み継ぐことを選択...

  • 幸せはエントランスから!!

    YO2_8799-1000

    T邸は、大正時代に建てられた古風な風情が残る佇まい。5年前に東京から戻った時に、ご両親から引き継ぎドクターリフォーム・サンセイで全面的に手を入れている。「まるで新築みたいなのに、子どもの頃からの思い出...

  • ファンタスティックに楽しさあふれる空間!

    YO2_9286-1000

    宇都宮市 アパレル・カフェ ちよ紙リフォームコンセプト ファンタスティックに楽しさあふれる空間「お客様が楽しみながらお買い物ができたらいいなぁ」と、今年3月に、知り合いを介した大工さんにリフォームを依...

  • 家宝は継いで住む

    DSC_0322-1000

    土木関係の仕事をしているIさんは、10年前に、土間だった台所などをドクターリフォーム・サンセイでリフォーム。「他社さんのリフォーム提案は、間取りはそのまま。サンセイさんは、大胆で斬新な発想がいっぱい。...

  • ホーム

    140411_003-1000

    築40年のS邸は、部屋数が多くとにかく広い。物が多く部屋が物置化したり、生活スタイルの変化で使い勝手が悪くなったりしていた。キッチンの天窓や屋根からは雨漏りがし始め、地面の湿気や冷気で、押入れがカビ臭...

  • 自分達らしく生きる暮らし

    _B121611-1000

    かつてはご両親や子ども達と一緒に暮らし、いつも賑やかな会話と笑顔にあふれていたこの家も、26年が過ぎ、子ども達は立派に成長し家を離れ、今は結婚41年目を迎えるTさんご夫婦の二人暮らし。ご主人の退職を機...

  • 未来に向かって変化する家

    DSC_5546-1000

    Nさんは、小さい時にお父様を亡くし、お母様と二人で暮らしてきた。築26年になるこの家も、お母様が建てたもの。結婚して家族が増え、子ども達にもそれぞれの部屋が必要になってきた。2階にも、みんなが集まって...

  • 新たな光をこの住まいへ

    DSC_4911-1000

    築36年になる在来木造2階建てのH邸には、家族7人が暮らしてきた悲喜交々の思い出がたっぷり詰まっている。家族の成長に合わせ、増築や減築など何度か手直しをしてきたが、何としても茶の間の狭さが悩みの種だっ...

  • くつろげる空間から生まれる幸せな時間

    _BS40006-1000

    「今回のリフォームを通して住環境の大切さを知った」としみじみ語る施主さん。そして、お義母さんと口をそろえて「家族の絆がさらに深まった」とも。17年前に増築して二世帯住宅にし、ご主人の両親や二人のお子さ...

  • 四季を通して受け継がれる思い

    DSC_9436-1000

    F家では、那須連山や高原山が一望できる自然豊かな田園に囲まれた地で、3世代が仲良く暮らしてきた。ご両親やご主人に先立たれ、今では息子さんと二人暮らし。広い敷地には、母屋、離れ、隠居屋が建っているが、こ...

  • HADASHI HOUSE

    DSC_3913-1000

     ゆるやかな南向きの斜面に佇むY邸は、一年中、陽の光がさんさんと降りそそぎ、野の風が通り、窓からは四季折々の豊かな田園風景を楽しむことができる。この地に居を構えたのは、昭和57年。今は亡きお父様と一緒...

  • “これから”をもっと楽しむ我が家

    DSC_9689

     結婚して30年、「妻には感謝している」というAさんのご主人は、その気持ちを今回のリフォームで伝えた。家にいる時間が長い奥様が使い易いようにと、奥様の希望をできるだけ優先し、ご主人は土木関係の仕事をし...

  • 新しい家族と共に…

    S-minna

    4世代8人が仲良く一緒に生活するSさんご一家。それぞれの仕事の関係でライフスタイルも違えば、趣味や好みも当然違う。そんな大家族が、一堂に会して家族団らんができるようにと、台所と和室、リビングをつなげて...

  • 鬼怒川サイダーのように 爽快なリフォームを!

    登屋邸1000pix

     鬼怒川温泉で3代続く登屋本店は、薬や化粧品から、切手まで日用雑貨が一通り揃っているコンビニ的存在。オリジナルの地ビール、地酒、地サイダーは、とことん地元にこだわった逸品が揃っていて、地元の人だけでは...

  • 未来への安心 楽しく暮らせる家に。

    DSC_5486

    結婚して34年。ご主人の転勤にともない4~5回の引越しをしてきた加瀬さん家族。それ以外にも単身赴任を5回ほど。二人の息子さんも独立し、やっとご夫婦二人でゆっくりと落ち着いた暮らしができるようになった。...

  • 細部に活かされた匠の技で 快適空間に変身!!

    DSC_1606

    結婚2年目で新築し、28年が経った寺内邸。途中で2階を増設したり、トイレや台所を改修したりして、大切に住み続けてきたが、2年前の震災で、屋根瓦は崩れ、壁は雨もれのシミやヒビでひどい状態になってしまった...

  • 我が家といつまでも

    DSC_9292

    大谷石の蔵はよく見かけるが、住まいにしているお宅は少ない。小澤邸は、昭和41年に耐火性や地盤の事を十分に考えて丁寧に建てられた。「いつまでも家族と安心して暮らしたい!」という想いがつまった家も、家族が...

  • 竜巻転じて福となす!!

    AP3U9658_2

    昨年5月、芳賀地区を襲った竜巻、突風、落雷。柳岡家もその被害を被った。屋根がめくれ、裏山の直径1mほどもある石が家の中に転がり込んだ。激しい雷雨が天井から吹きつけ、ブルーシートで覆っても雨水が漏れて、...

  • あきデンタルクリニック様

    DSA_0430ミニ

    代々医者の家系で三姉妹の末っ子として育った土谷明世先生は、「もともと細かい物を作るのが好きだったから」と、歯科医師になった。大学病院での約7年間の勤務医を経て、2013年春にいよいよ開業。明るくて気さ...

  • 初めの一歩

    DSC_1653ミニ

    会津出身の̋〝転勤族〟だった児山家。子どもが中学に進学するのを機に、縁あって宇都宮市に新居を構えた。それが、30年程前。ご主人は単身赴任を続け、奥様は仕事をしながらご主人の赴任先と家を行ったり来たり。...

  • サロンのように寛げる 病院らしくない病院

    中央クリニック様ミニ

    オリオンスクエアの通り一本隔てた南にある築41年の鉄筋5階建ビル。元々専門学校として活用されていて、各階はがらんとした居抜き状態だった。 平成15年に宇都宮市内で開業した不妊治療専門の宇都宮中央クリニ...

  • 家族愛がいっぱい!!

    img

    結婚42年目になる我妻さんご夫婦は、20年前に家を新築。娘さん2人を立派に育て、今は長女ご夫妻と高校生のお孫さんと一緒に仲良く暮らしている。  ご両親は、今まで少しずつ手は加えてきたが、間取りや建材、...

  • 未来へ向けての変化

    img

    共に開業医を営む臼井さんご夫婦は、約200坪の敷地に平屋の母屋と奥様の診療所を33年前に新築。最近は、老朽化や冬の寒さ、水廻りの不便さが気になり始めていた。特に震災後は、配管から濁った水が出たり、壁の...

  • 北欧気分でカントリーライフ満喫

    OLYMPUS DIGITAL CAMERA

    兼業農家の川崎さんは、15年前、結婚を機に母屋の隣に今の家を新築した。カントリー調が好きな奥様のために、ログハウス風に仕上げたが、細かい部分に不便を感じていた。特に、デッキテラスから入る玄関は、開ける...

  • ワシズムなリズムがある空間

    img

    3代続く髪結い処の鷲頭家。33年前にご両親が土地を買い新築。息子の義和さんは、二人のお姉さんと共にこの家で育ち、やがて、お母さんと共にハサミを持つようになった。8年前に結婚し、翌年にお店を大々的にリニ...

  • ザ・茶の間

    img

    今どき珍しい3世代7人家族の吉野家。この地に住み始めたのは5代前。平成元年にご両親が今の家を新築して24年が過ぎ、家族も増えて和気あいあいと幸せに暮らしている。小さかった子ども達もどんどん成長し、それ...

  • 家族の宝物

    img

    家族のためにがむしゃらに働いてきた坂本さんは、3年前から「定年前に老朽化した自宅をリフォームし、夫婦二人で過ごす時間を大切に、これからも安心して快適に過ごせたら…」と考えはじめた。 築2...

  • 理想のお部屋で今日もワクワク

    img

    築30年になる購入マンションは、構造的にはなんら問題はないものの、間取りが細かく仕切られていて使い勝手が悪く、ずっとリフォームしたかったという金山さんご夫妻。 東京の広告業界で働いていたご主人は、帰郷...

  • 生命を科学するマルサンバイオ

    img

    豆乳飲料など自然食品の卸業・マルサンバイオ?鰍浜野博彦社長は、20年前に脱サラして起業。実家の一室からスタートした。その後、竹林に事務所を開設。ずっと間口の広い物件を探していて、ついに南大通りに面した...

  • お母さんの為の介護リフォーム

    img

    お見合いで結婚して40年ほどになる佐藤さんご夫妻。昭和58年に道路拡張にともない今の場所に新築。ご主人のご両親と二人の娘さんと共に幸せに過ごしてきたが、今では、ご主人のご両親は他界していて、娘さん達も...

  • 家族の宝物

    img

    「母さんが一人で建てた家を壊せない」と、リフォームを選択した渡辺敏行さん。敏行さんが小学2年生の時に、お父様が他界してしまったので、お母様のタカ子さんは、ご主人のお父様と3人の子ども達の面倒をみながら...

  • 父からのメッセージ

    img

    平成2年に、絵面さんの実家今市と勤務地横浜の中間点小山に新築の家を建て、奥様と4人の子ども達と共に転居。片道2時間半の通勤も、愛する家族のためなら苦にはならなかった。ところが、その6年後、末の子が小学...

  • お父さんへの思いやりリフォーム

    img

    何代も続いた農家を引き継ぎ、ずっと家族を守ってきた??橋光保さんは、茅葺屋根の平屋だった家を、35年前に、自ら手がけてその建材を生かしながら2階建の家を作った。 娘の弘子さんが結婚してからは、奥様と二...

  • 鬼怒川温泉古民家リフォーム

    img

    先代が建てた築90年、平屋72坪の古民家・沼尾邸は、どっしりとして風格がある。この家で育った沼尾さんはもちろん、結婚して31年になる奥様やお子さん達にとっても、思い出がたっぷり。ところが、今の暮らしに...

  • 高根沢から日本を元気にする!

    img

    ダルビッシュや高橋尚子などトップアスリート達が身につけている「RAKUWAネック」でおなじみのファイテンは、スポーツ時や日常生活を快適に送るための自然治癒力を高め、体全体の健康をサポートする。その商品...

  • もっと暮らしやすくあなたらしく

    img

    「地元で社長になる」という夢を25歳の春に達成した?潟Iーリアル代表取締役の大塚訓平さんは、「街づくりと街興し」をテーマに土地の有効活用で業績を伸ばし始めた矢先に、不慮の事故で脊髄を損傷し、車いす生活...

  • 親を思い 子を想う

    img

    農家5代目宗一さんは、祖父が建てた築150年にもなる家と先祖達の思いを受け継ぎ、生まれた時から81年間ずっとこの家で暮らしきた。一家の大黒柱として、昭和27年に結婚してからは奥様と二人三脚で、両親や8...

  • 継承、そして伝承・・・

    img

    玄関を入ると格調ある老舗旅館のような空間が広がる。どっしりとした太い柱。高く吹き抜けた天井には、むきだしの太い梁。なんとも重厚な風格に、思わずため息がでるほど。伝統的な良さを活かし、現代生活の快適さを...

  • 農産直売所みんなの『あぜみち』

    img99

    直売所なので農家直送の野菜が並ぶのは当たり前。でも、林社長は、「ただ物の売り買いの場所ではなく、いろんな情報が行きかい、皆がつながっていられるような場所にしたかった」と。8年前まで農業資材の営業マンと...

  • 光と風と笑顔の家

    DSC_0034

    玄関が一緒の2階建て二世帯住宅を新築した藤掛家は、4世代が同居する近所からうらやましがられるハッピー家族。3代目が建てた築60年の家は、増築や手直しを加えながら、長い間家族の営みを見守ってきた。楽しい...

  • はるうらら

    DSC_0053ミニ

    この地に住み始めて100年以上にもなる柳田家は、昭和54年に今の家を建て、一時は4世代7人の大家族だったこともある。今は、結婚28年目を迎えたご夫婦とお祖母ちゃん、2人の娘さんの5人家族。仲の良い家族...

  • チコのワンワン物語

    img96

    ワンちゃんLOVEな岡本さん一家が営む美容室『チコ』。千葉県木更津からお祖父様の別荘があった今市に平成7年に移り住み、駐車場にお店を開いたのがはじまり。その時のお店はなんとお父様の手作りだったのだとか...

  • 四季の中で自然を身近に

    img95

    3年前に結婚し、実家と地続きの築30年の家で暮らし始めた高橋さんご夫妻。かつては二人のお姉様達もこの家で過ごしていたが、家の老朽化もあり、お父様から新築を勧められ決断。お父様同士が前からの知り合いだっ...

  • 毎日をALOHAでいっぱいに

    i94

    東武おもちゃのまち駅のロータリーの一角に、濃色ウッドの佇まいが目を引く。4年前にオープンしたハワイアンジュエリーと雑貨の店『ルアナ』。一歩足を踏み入れると、そこはまるでハワイ。不思議と癒されるこの空間...

  • マイナス+プラス=幸せ

    img93

    18年前に22歳で新築の家を購入し、一人暮らしを始めた駒場さんは、その6年後に結婚。二人の男の子にも恵まれ幸せな生活を送っていた。ただ年々ひどくなる結露によるリビングの壁のシミや、ほとんど使わない和室...

  • 将来楽々安心感

    img92

    昭和42年に結婚した阿久津さんご夫婦は、一男一女に恵まれ、ご主人の社宅で生活していた。35年ほど前宇都宮市内に数カ所所有していた土地の中から、自然豊かな里山を選び新居を構え、お子さんが小学校に入学する...

  • 目に見えない本当に大切なもの

    img91

    32年前に結婚した山崎さんご夫婦は、勤務先である日光市の社宅に10年間暮してから宇都宮に今の家を新築して移り住んだ。開放的な吹き抜けの間取りを取り入れたお気に入りの我が家から、ご主人は日光に通勤してい...

  • それぞれの想いをカタチに

    img90

    自然豊かな里山の南斜面の中腹に建つ高木邸は、ご夫婦が結婚して10年目に山を切り開いて新築したもの。太い柱も、山に生えていたケヤキ。あれから一男二女を育て、孫も生まれて三世代で楽しく暮らしている。料理が...

  • 活~いかすちから~

    img89

    ご両親が結婚して、この地に平屋の新居を構えた。荒川さんもここで生まれ育つ。一人っ子だったので、家を継いで一緒に住んで欲しいというご両親の願いもあり、荒川さんが20歳の頃二階建ての家を新築。ところが、間...

  • デイサービスセンター長屋門

    img88

    江戸時代から、この地にずっと根をおろして生活してきた鈴木家。敷地内には母屋や離れ家、大谷石の蔵が建つ。中でも、どっしりとした長屋門だ目を引く。時には、作業場や納屋となり、時には、隠居部屋や借間として、...

  • スポーツバーFCボルトナット

    img87

    スポーツバー FC.BoltNut中学・高校とサッカー部に所属していた植村徹オーナーは、スポーツをするのも観戦するのも大好きだった。特にサッカーW杯アルゼンチン大会のTV画面一杯のスタジアムの紙吹雪に...

  • ひとつ瓦屋根の下で

    im86

    リフォームコンセプト「ひとつ瓦屋根の下で」◇Before◇33年前に水戸から宇都宮に引っ越して来て、翌年今の家を新築。和風の平屋は趣があって落ち着いた雰囲気を醸し、重厚感あふれる瓦屋根はご主人のお気に...

  • 宇都宮みんみん駅東口店

    img85

    宇都宮市は餃子消費量が全国一で、“餃子のまち”として知られている。その立役者が昭和33年創業の宇都宮みんみん。創業者が北京で覚えた味を持ち帰り開店。その後、時代の流れに合わせて...

  • ナチュラル&ワイド

    img84

    リフォームコンセプト「ナチュラル&ワイルド」~雪山と赤ちゃんと自転車と~スキーと自転車が趣味のご夫婦の間に赤ちゃんが誕生。これまでは外に出かける事が多かったが、これからは家の中での生活も大切な時間とな...

  • 副来るべ

    img83

    リフォームコンセプト「福来るべ」今まで仕事が第一で、自分たちの生活は二の次三の次にしてきたお二人。でも、いつも夫婦二人三脚で笑顔が絶えない。その笑顔がこれからもずっーと続くように、自分たちの居場所があ...

  • きっかけ

    img82

    リフォームコンセプト「きっかけ」畑で育てた無農薬野菜を、家族やゲストとの会話を楽しみながら料理する。集めた小物を季節ごとに飾る。大切にしまっておいた烏山和紙を障子にに活かす。等々。「夢が全て叶った!」...

  • バトンタッチ

    img81

    リフォームコンセプト「バトンタッチ」リフォームは、家族のしあわせを考えるとてもよい機会となった。親への感謝、がんばってきた自分たちへのご褒美、家を継ぐという本当の意味。カタチとキモチのバトンタッチ! ...

  • シンプルモダン

    img80

    リフォームコンセプト「シンプルモダン」 今回リフォームで快適空間を手にしたのは、お料理教室「ナチュラルクッキングクラブ」を主宰し、とちぎの生活応援マガジン「トチペ」の「かんたんれしぴ」でおなじみの永井...

  • ズンドコリフォーム!

    img79

    リフォームコンセプト「ズンドコリフォーム!」 リフォームとは、良い所や大切にしているものを残し、不満に感じている事を改善して、家族の生活をより豊かにし、絆を深める手段。田崎邸は、まさにそんな...

  • 豊かな人生の為に

    img78

    リフォームコンセプト「愛を詠う家」言葉は少ないが、変わらぬ愛情で家族を支えるご主人。自分よりも周囲への気配りを優先する奥様。そこには相手を思いやる「愛」が溢れている。人生をもっと楽しみ、快適で安心な毎...

  • 温故知新未来へ

    img77

    リフォームコンセプト「笑顔と安らぎと明るい未来へ」笑顔で囲む食卓、くつろぎのリビング、落ち着く寝室・・・。日々の生活野中で小さな幸せを感じられるように、残すところは残し、新しくする所は新しくする。そん...

  • まるで新築の家みたい

    img76

    リフォームコンセプト「シンプル」~大正から平成へ~子供の頃に過ごしていた家は、純粋に住むことの楽しみを教えてくれる思い出の場所。一度離れみた事で、改めてその価値を感じた。リフォームは、その家に快適さを...

  • 減築リフォームで安らぎアップ

    集合写真ミニ

    リフォームコンセプト「耳を澄ませば」プライベートな時間(とき)を充実させ、建物全体の利用価値を高める減築という新しいカタチ。耳を澄ませば、そこから安らぎと笑顔が聞こえてくる。◇Before◇平成7年に...

  • 大切な妻や子供達に贈る

    img74

    リフォームコンセプト「ららら☆ラブハウス」夫として、父として、ちょっと先のことに目を向けた家。やがては旅立つ子ども達と過ごす時間を大切にして、自分らしい空間を造ることで、人生をデザインする。家と家族が...

  • 夫婦で頑張った証を形に

    img73

    リフォ-ムコンセプト「四季の家」草花を育てるのが大好きな奥様と庭木の手入れが趣味のご主人。さりげなく飾られた草花に癒され、新鮮な気持ちで住まう事ができますように。◇Before◇住まいの老朽化もあって...

  • 思い出を胸に新たな住まいを

    img72

    ■いよいよ新築の時期結婚して、子どもたちが生まれ育ち、新たに居を構える。そこには、二つとないそれぞれの家族だけの物語があります。宇都宮市の本村さんご一家は、これまで奥様のご実家に住んでいました。家族に...

  • 片付けに悩む主婦を救う

    img71

    ■片付けにくい住まい先日、テレビ番組「チャンピオンズ」(テレビ東京)では、片付けに悩む主婦の悩みを解決する収納リフォームが放送されました。登場したのは、今から六年ほど前に一般企業から教員となったご主人...

  • 老舗のお肉屋さんが爽やかに

    img70

    ■茂木の街にかける想い茂木を愛し、茂木に根ざして歩んできた桧山さんは、創業七十年を越える三代続く老舗のお肉屋さんです。今回は、その茂木駅からすぐ近くにある桧山さんのお店『里山のお肉屋さん ひやま』のリ...

  • 同じ時間を同じ空間で

    img69

    ■新たな住まいを求めてここ鹿沼市にお住まいの安西さんご一家では、数年前から住まいを大規模に変えることを考えてきました。築二十年、若干老朽化を感じてきたところでした。新築をしようか、リフォームをしようか...

  • 熱い思いがいまカタチに

    img68

    ■ずっと抱いてきた夢この冬、宇都宮市内の住宅地の中に、ひときわ目を引く洋風のサロンが完成しました。長年心に抱いてきた夢を、ようやく形にすることができました」二十年以上美容・健康関連の仕事に携わり、県内...

  • 家族の笑顔が集う家

    img67

    ■絨毯をフローリングにしたいここ宇都宮の西脇さんのお宅は、ご夫婦と三人の娘さん、そしてご両親の7人暮らしです。笑顔の絶えないご一家は、4年前にこの住まいを購入しました。これまでは老夫婦が暮らす平屋でし...

  • 母を気遣った思いやり

    img66

    ■安全で安心な住まいを母へ「一人住まいをしている母の心配な状況をなんとか改善してあげたい」今回の高橋さんのリフォームは、すべてこの息子さんの一言に集約されています。数年前にご主人がお亡くなりになって以...

  • 四世代がともに集う家

    img65

    ■いつかはともに暮らしたい壬生町の小平さんご夫婦は、これまでお互いの職場の中間点となる宇都宮市でアパート住まいをしていました。お子さんが誕生したことを機に奥様が子育てに専念されたことで、今後の住まいを...

  • 予算と要望を限りなく満たす

    img64

    ■栃木の冬のきびしい寒さここ壬生町の佐藤さんのお宅では、真冬のきびしい寒さに悩まされ続けていました。断熱材があまり施工されていなかったこと、そして日当たりがあまり良くなかったことから、冬は頭が寒くて眠...

  • 同僚からの評判を聞き

    img63

    ■お互いがより楽しく快適な生活を二世帯で暮らす小山市の間中さんのお宅では、二人の娘さんが大きくなり子ども部屋が必要になってきたことに加え、来客があった際に案内できるスペースを新たに設けたいこと、お茶な...

  • のびのびと安全に

    img62

    ■安全にのびのびと暮らせる住まい「子どもたちが安全に、そしてのびのびと暮らせる住まいにしたいという思いが大きかった」と話す中西さんご夫婦が今回リフォームした箇所は、二階に設けた階段と、東側のウッドデッ...

  • ゆとりと寛ぎに華を添えて

    img61

    住まいは家族とともにあり、また家族の成長とともにそのあり方も変わります。今回は、年齢を重ねるにつれ、寒さや生活動線の不便さをおぼえることが多くなったご両親を気遣い、実現した福田さんご一家のリフォームを...

  • お客様のくつろぎをめざして

    img60

    リフォームで快適な空間が実現すると、まだ手を加えていない他のところもリフォームしたくなる。今回は、そんなご夫婦の思いをきっかけに、素敵に生まれ変わった老舗のお蕎麦屋さん『林屋』のお話です。 日光東照宮...

  • 中古住宅をこだわりの空間に

    img59

    二十年前に、自宅の近所に完成したあるモデルハウス。「住人の方とご近所付き合いもありましたので、まさか建てられてから二十年経って自分たちがそこに住むようになるとは夢にも思ってみませんでした」 今回は、中...

  • お孫さん達の笑顔溢れる

    img58

    子ども達が無事に巣立ち、これからの二人の人生をより豊かなものにしたい、そんな気持ちからリフォームを選ぶご夫婦が増えています。今回は、そのご夫婦だけでなく、お孫さんたちも笑顔あふれる御堂地さんのお宅をご...

  • 大胆な業態転換

    img57

    昭和二十九年、氏家町(現さくら市)に一軒のお寿司屋さんが開店しました。「すし貞」と名づけられたこのお店は、開店以来、新鮮なネタとその美味しさで氏家でも指折りの繁盛店となりました。しかしやがて時が経ち、...

  • 笑顔と優しい親心

    img56

    数多くの史跡が残る那珂川町。特に栃木県と茨城県との県境に位置する鷲子山上神社は全国で初めての両県文化財に指定され、「県境にある霊峯」として知られています。水戸光圀公も立ち寄られたというこの神社のふもと...

  • 新たな住まいを自分好みに

    img

    日本の中古住宅市場の規模は、欧米のそれと比較するとまだまだ届かないものの、住宅政策におけるストック重視への転換や、ライフスタイルの変化などにより、年々増加を見せています。中古住宅を購入し、自分好みにリ...

  • 母と息子が形にした家族愛

    img54

    一口にリフォームと言っても、その背景にある思いは千種万様。今回は、親子の家族愛が生んだ、ある幸せなリフォームをご紹介しましょう。 海賀邸は新築から三十七年を経て全体的に老朽化し、冬は寒く、床はあちこち...

  • 会社選びは「誠実さ」

    img53

    日曜大工が趣味のご主人と、絵を描くのが好きな奥様。宇都宮市にお住まいの高木さんご夫婦は、お子さんが独立し、夫婦二人のこれからの生活をより快適に過ごしたいと今回のリフォームを決断しました。 築二十八年に...

  • 豊かな自然と共に育む

    img52

    第二の人生を歩み始めた団塊世代により、徐々に注目を集めつつある『田舎暮らし』。定年を迎えた後はのんびり田舎で暮らしたい、そんな希望を持つ人たちが増えています。とは言っても、いざ住み慣れた土地を離れると...

  • 家族の決断は歴史を繋ぐこと

    img51

    ぶどうの里として有名な田園風景が美しい大平町。町の史跡、榎本城跡のすぐ先に、今回ご紹介する田中治さんご一家のお宅があります。威風堂々たるその住まいは、なんと築約二百年を誇る古民家。奥様の富子さんのおじ...

  • 終の住処は笑顔が集う

    img50

    今からおよそ三十年前の昭和五十年代前半。宇都宮市内のあちこちで、住宅団地の開発が進んでいました。子供が生まれ、アパートが手狭になった家族が次々とマイホームを求めた時代です。炭田さんご夫婦も、そんな幸せ...

  • リフォームが紡ぐ家族の歴史

    img49

    常に家族とともにあり、家族の歴史を刻む舞台となる住まい。年月とともに形を変えていく家族に合わせ、ここ栃木市にある板橋さんのお宅もその表情を変えてきました。このお宅が新築されたのは昭和四十三年。奥様の実...

  • 機能性とデザイン性を同時に

    img48

    宇都宮市中心部の西に位置し、水と緑豊かな栃木県中央公園。そのほど近くに、新しいレディースクリニックが誕生しました。その前身は昭和三十五年に開業した金澤産婦人科医院。昨年の六月、名称を中央公園レディース...

  • わが家族をしっかり見つめ

    img47

    今回は、河内町にお住まいの松谷さんご家族のリフォームをご紹介します。以前にも一度リフォームした平屋の家は、建築から三十二年たって家の傾きと雨漏りが気になる時期になりつつありました。したがって改修はかな...

  • 家族みんなの理想を実現

    img46

    四世代・九人で暮らす、上河内町の増渕さんご一家。築50年ほどの平屋の広いご自宅を、増築・全面リフォームされました。 当初、全面リフォームをするならばいっそ新築すれば良いのでは、とも考えましたが、「リフ...

  • ドクターリフォームの新築

    img44

    山あいの静かな集落に、ふいに現れるモダンな佇まいの二階家。これが三村夫妻の新築の家です。そこだけ見るととても斬新なデザインなのですが、不思議なくらい周囲の風景にとけ込んで違和感がありません。 三村家は...

  • 熟年夫婦の将来設計

    img43

    日光市にお住まいの清水利一、恵子さんご夫妻と長女の里佳さん。豊かな自然に囲まれたお住まいが、今回のリフォームの舞台です。 新築から十九年を経て、家の傷みが気になり始めていました。修繕をしなくてはと考え...

  • 地域の歴史と伝統の品格

    img42

    日光市の林和夫さんのお宅は、東照宮の西参道前で林屋という蕎麦屋を営んでいます。 これまで、家族の生活は家業が中心になっていました。ご両親が高齢になり、仕事も一線を退いて自宅で過ごすことが多くなってきた...

  • 心の交流を大切にしたい

    img41

    宇都宮市の萩原さんご夫婦は、揃って山登りが趣味。仕事を退職された後は、習い事や地域の活動にと励む毎日です。 奥様が退職されてからのことですが、会社勤めの頃は感じなかった室内の寒さが気になり始めたそうで...

  • 暮らしやすさを追求する

    img40

    宇都宮市にお住まいの阿久津さんご一家。 ご夫婦とご両親、ふたりのお子さんの六人家族です。築二十年のご自宅は掃除が行き届き、既存部分の天井や床などもまるでリフォーム後かと見まごうほどきれいです。 これま...

  • 出会いと交流の『かけ橋』

    img39

    今回の「家庭訪問」は少々趣向を変えて、最近オープンしたばかりのパン屋さんを訪ねてみました。『焼きたて屋コパン』は宇都宮高校正門前。あたりにはパンを焼く甘い薫りが漂い、店内は買い物に訪れるお客様がひっき...

  • 遊び心がいっぱいの

    img38

    宇都宮市の田中弘一、景子さんは夫婦ふたり暮らし。三人のお子さんはそれぞれ東京で暮らしています。リフォームの直接のきっかけは、シロアリの発生でした。シロアリ駆除は大がかりな作業ですから、それなら家ごとな...

  • 世代間の生活観のギャップ

    img37

    家族といえども、それぞれの性格や考え方はさまざまです。ましてや世代が違えば、価値観の隔たりは簡単にうめることはできません。このたびの大木さんの事例は、リフォームがジェネレーションギャップに有効活用した...

  • リフォームに遠慮は無用

    img36

    宇都宮市郊外にお住まいの菱沼昌巳さんご一家は、ご夫婦と大学生の実穂さん、高校生の亮太さんのとても明るいご家族です。 リフォームを決めた理由はごく簡単。実穂さんが家から通える大学に進学することになり、そ...

  • 慈しみから多くを学ぶ

    img35

    玄関を一歩入るなり、見事な仕上がりにびっくり。さくら市の関邸は、築およそ百年という農家造りの古民家。ほぼ全面的なリフォームを経て、まるでインテリア雑誌に出てくるような、和風モダンなしつらえに生まれ変わ...

  • 考えさせられた家族のあり方

    img34

    高根沢町にお住まいの渡辺さんご一家。休日には親子で家庭菜園作りを楽しむ、明るいご家族です。 リフォームをふりかえってご主人の渡辺恭衛さんは、「リフォームという制限の多いなかで、よくぞこれだけ理想に近い...

  • 思いきりわがままを言った

    img33

    鬼怒川温泉のほど近く、藤原町在住の和泉さん一家は佳男、雅子さんご夫妻と三人のお子様、ご主人のご両親の七人家族です。 築十五年の現在の家は佳男さんのご両親が建てたもの。佳男さんと妹さんのための二階の二部...

  • 両親の老後をいちばんに

    img32

    けやき並木と田園風景が美しい鹿沼市の郊外に、築二五〇年という高木良直さんのお宅があります。地域の名主だったという先祖の建てた家は威厳と風格に満ち、これだけの住まいをリフォームするには、施主も施工者も相...

  • アイディアいっぱい終の棲家

    img31

    今回おじゃました宇都宮市の内田邸。玄関から室内に入ると、まずは大きな書棚が迎えてくれます。ご夫婦の愛読書が並べられ、傍らのパソコン用デスクはご主人の趣味のスペースでもあります。訪れた人はご夫婦の人柄を...

  • 丁寧な説明が好評

    img30

    宇都宮市の河原井さんは七人家族。家族構成はご両親と奥さま、三人のお子さんです。 リフォーム前のお住まいは築二十五年。広さには満足していたものの、間取りや生活動線など機能性に乏しく、不便でした。建て直し...

  • 限られた条件を200%生かす

    img29

    宇都宮市の秋山さん宅は、ご主人のご両親の代まで酒店を経営していました。今のご主人は会社勤めですが、以前の店舗併用住宅に現在はご夫婦お二人でお住まいです。 お住まいは建築してから三十年がたち、雨漏りする...

  • 第二の人生に彩りのドラマ

    img28

    今回おじゃましたのは石橋町の松永晴夫さんと順子さんご夫妻。二人だけで迎える第二の人生を、より充実したものにするためにリフォームを決心されました。 いちばんの目的は、ご夫婦が今まで以上にコミュニケーショ...

  • 「百点満点」プロも認めた

    img27

    久々の晴れ間となった日曜日、大田原市内の森嶋邸を訪れました。専業農家を営む森嶋さん宅は、キミおばあちゃんから曾孫にあたる二才の妃杏ちゃんまで四世代、総勢八人の大家族です。代々の農家らしく、敷地も家も広...

  • 「同居」への不安はつきもの

    img26

    「戻って同居したい」。結婚してアパート暮らしをしていた息子さんからそう告げられたとき、お母様の友子さんはとまどいを覚えたそうです。子育て、そして長年にわたるご両親の介護が終わり、これからは夫婦二人の暮...

  • ときには家族関係を変える

    img25

    小山市にお住まいの森さんご一家は、二世帯六人家族。ご主人の裕寿さんと奥さまの啓子さん、そして息子の寿和さんと順子さんご夫婦には、この春小学校に入学した海寿君と幼稚園に通う三才の萌生ちゃんというお子さん...

  • 贅沢に盛り込んだ夢

    img24

    せっかくリフォームするのなら…と、一生でそう機会のない住まいのリフォームに対し夢が膨らむご家庭は多いと思いますが、実際に叶えることができたのはこの部分だけ、なんてこともよく耳にします。快適な住まいをつ...

  • ご当地ではお風呂がない?

    img23

    那須塩原に住む細井さんご一家は、湯煙香る観光地にお住まいです。二人のかわいらしいお子さまは元気いっぱいで、取材に訪れたときも、人なつこい笑顔で迎えてくれました。 しかし、こうしてご家族が笑顔で楽しく暮...

  • 新婚夫婦を包み込み

    img22

    片野さんご夫婦は共働きで、以前は宇都宮市内のアパートにお住まいでした。いつかは実家に戻りたい。そんな思いを実現させるため、ずっと使っていなかった実家の事務所を住まいにしたいと訪れました。 施工会社は迷...

  • お互いのこだわりを尊重し

    img21

    壬生町にお住まいの安川さんご一家は、息子さんの結婚を機に、同居されることを決意されました。新しく加わる家族とともに、心機一転新たな生活を始めようとしたのですが、それまでの間取りでは、四人がともに暮らす...

  • 純和風の寿司店を若夫婦が

    img20

    南那須町にお住まいの渥美さんご夫婦には、朔太郎くんという男の子が生まれたばかり。以前はアパートにお住まいだったそうですが、お子さんを狭いアパートで育てたくないという思いから、奥様の実家へ戻ることになり...

  • 最良の住まいへの近道

    img19

    最近よく耳にする古民家。癒しや温もりを求めて、その魅力が再確認されつつあります。 しかし実際のところ、その機能や住み心地はどうなのでしょうか。さらに、リフォームというと、施工前、施工後の見かけの変化は...

  • 二人で支えあいながら

    img18

    青柳さんご夫婦は、ご主人の定年をきっかけにリフォームをされました。以前から奥様の千代子さんは難病を患っており、細かく仕切られた部屋や廊下から畳へ上がる段差などで、転んでしまうこともあったそうです。常に...

  • 自分たちらしく暮らしたい

    img17

    馬頭町にお住まいの遠藤さんご一家は、四人家族。以前までは別のアパートにお住まいでしたが、現在のお宅が空き家になっているのを知り引っ越しをされました。 物件を見たときに気になったのが、自分たちの生活スタ...

  • 次の季節が待ち遠しい

    img16

    リフォームをするきっかけはなんであれ、自分の家に好きな場所が増えていくというのは、想像以上に生活に潤いが増すようです。それは今回ご紹介する吉澤さんご一家の笑顔に象徴されています。 吉澤さんご家族は、築...

  • 亡き人のあたたかい思い出と

    img15

    黒磯市にお住まいの鏑木さんは、ご夫婦で暮らしています。三人のお子さんが独立され、ご主人のご両親が他界されてからは、大きな家の限られた場所で生活していました。 活用スペースが一階と二階の両方にあり、上下...

  • 一転、友だちが多く集う

    img14

    なぜ、リフォームをするか。その理由はいくつかに集約されますが、家族構成の変化によるリフォームもかなり多いようです。 子どもが大きくなり、独立していく。家に残った子が結婚し、子どもが生まれる。やがて、そ...

  • もっとスウィートな家族に

    img13

    今回ご紹介する矢口さんご一家は、小山市にお住まいです。ご家族は会社員のご主人と奥様、看護短大に通うお嬢さんの三人。奥様の笑顔を拝見すれば、理想のリフォームができたことが充分にうかがえます。 奥様の希望...

  • あかるい家族は一石三鳥

    img11

    宇都宮市にお住まいの佐藤さんご一家は、いつも笑顔の絶えない明るいご家族です。このご家族がリフォームをしたきっかけは、ご主人の一雄さんが定年退職をされたことでした。これからは、のんびりと趣味に時間を費や...

  • 熱意が秘訣!心地よく

    img10

    リフォームを成功させるコツは?と問われれば、自分たちが住みたい家を楽しみながらイメージする、すぐ行動におこす、そして、いい業者に巡り会うこと、の三点をあげたいのですが、猪瀬さんご一家の場合は、どれも二...

  • 世代をこえて助け合う

    img9

    橋本信行さんは自他共に認める「主夫業」に専念する人です。これからの家族のひとつのあり方を示しているかもしれないと思うほどの生き方を選択なされました。 小山市の繁華街にほど近い場所で三十五年間にわたって...

  • 冷たい印象にならないよう

    img8

    真岡市の木村歯科クリニックには、木村先生の親身な診察と治療が評判を呼び、毎日たくさんの患者さんが訪れます。そんなクリニックの建物はというと、長年多くの患者さんに親しまれていましたが、年数も経ち老朽化し...

  • 自分の部屋かと疑いました

    img7

    鈴木千恵子さんは、鳳流という日本舞踊の師範として、マンションの自宅を稽古場として使っています。 マンションは二十一年前の新築時に購入したものです。五年住んだ後、業者を通して貸すことにし、その間は東京へ...

  • 施主と施工業者の信頼関係

    img6

    ご主人の隆男さんは、ホームセンターを展開する株式会社カンセキにお勤めです。奥様の幸子さん、長女の美宇ちゃん、次女の美帆ちゃんとともに石橋町のアパートで暮らしていましたが、美宇ちゃんが来年幼稚園に入るの...

  • 家業を継いでくれる息子さん

    img5

    北條さんご一家は、真岡市で「魁」(さきがけ)という中華料理店を営んでいます。ご主人の文男さんと奥様の政江さんの長年の努力が実を結び、今では地元はもちろんのこと、遠来のお客様も数多くいらっしゃるという盛...

  • 馴染んだ温もりを残しながら

    img4

    昭和六年に上棟した家の老朽化が進み、新築を検討しましたが、それまで住んでいた家の温もりを残したいと考えていた登さんの意向を反映してリフォームすることにしました。その当時、テレビや雑誌において頻繁にドク...

  • 古い住宅がお洒落な事務所に

    img

    若目田利浩さんは、三年ほど前、母屋に隣接する離れを事務所とし、ビデオ映像制作の事業を始めました。その離れは、以前祖父母が一階を使用し、若目田さん本人と姉がかわるがわる二階を使用していました。若目田さん...

  • 干渉しないで快適な暮らし

    img

    常磐さんご一家は、転勤が多いご主人のお仕事の都合上、ご結婚されてから、なんと七回も引っ越しをされたそうです。「そろそろ落ち着きたくて」永住できる場所を探したところ、運良くご主人の義孝さんのご両親が住ん...

  • 夫婦ふたりで助け合って

    img

    宇都宮市にお住まいの秋場さんご夫妻。ご主人の一晃さんと奥様の美代子さんは、ともに学校の教員でした。リフォームを思い立ったのは、ご主人の腰痛が悪化してから。ゆくゆく車椅子のお世話になる生活になったとして...