VOICEお客様の声

新たな光をこの住まいへ

DSC_4911-1000

築36年になる在来木造2階建てのH邸には、家族7人が暮らしてきた悲喜交々の思い出がたっぷり詰まっている。家族の成長に合わせ、増築や減築など何度か手直しをしてきたが、何としても茶の間の狭さが悩みの種だった。結婚して独立した子ども達が孫と一緒に訪れると15人程になり、それぞれの居場所に事を欠く状態。「みんなで一緒に食卓を囲めるスペースが欲しい」と、リフォームを決意。


“TVチャンピオン”なら安心ではと、ドクターリフォーム・サンセイを訪れる。まずは悩みや困っていること、希望を聞いて5パターンものプランを提示してもらい、それぞれの気に入ったところを活かして方向を決めて、依頼することに。


居間、台所、茶の間の3部屋と縁側、押入れをつなげてワンフロアにしたことで、期待以上の広さを確保。それと共に北側を向いていたうす暗く閉鎖感のあったキッチンは、向きを変え、みんなが集う空間の真ん中に位置することに。「料理をしながらテレビや庭が見えて、家族との会話もはずみ、明るくて快適」と奥様は大喜び。家全体の耐震補強をし、公的に補助金も支援された。また、断熱材を入れるなど目に見えない場所にも手を入れてもらい「暖かくて安心。サンセイさんに頼んでよかった」と満足そう。


棚や収納スペースもたくさん造作してもらい、お仏壇も壁にぴったり収納して、出っ張りがなくなりすっきりとした。他にも、車椅子のお母様のことを考え、段差をなくしバリアフリーに。狭かった脱衣所も階段下スペースを利用して広々と変身。さらに、長男が使っていた机をご主人のパソコンスペースに活用、手入れ不要の床、外から見えないスモークペアガラス、使い勝手のよい吊り引き戸など、様々な細やかな配慮にとにかく感心し、「これからが、安心で楽しみ」と嬉しそうだった。