VOICEお客様の声

新しい家族と共に…

4世代8人が仲良く一緒に生活するSさんご一家。それぞれの仕事の関係でライフスタイルも違えば、趣味や好みも当然違う。そんな大家族が、一堂に会して家族団らんができるようにと、台所と和室、リビングをつなげてワンフロアにリフォーム。


 32年前に新築した家も、世代が変わり家族が増えて、不便に感じるところも出てきた。特に、水廻りの老朽化がひどく、5年前に風呂とトイレをリフォームしている。今回、北側の窓に向いていたキッチンを対面式にしたことで、ただ料理を作る場所から、コミュニケーションが生まれるキッチンに生まれ変わった。家族みんなが食事のできる広いダイニングルームには、お仏壇や神棚も収められていて、家族の歴史や絆が感じられる。


 ただ住みやすさや使いやすさだけではなく、居心地の良さや家族の絆を大切にできる空間づくりなど、ハートフルな提案をドクターリフォーム・サンセイからたくさんしてもらったことが、依頼する決め手になった。「職人さんの腕もよく、何よりも社長さんが若いのに気さくで、お客様を大切にしている姿がいい」と。「ほっとできる場所があって、帰ってきたくなる家。シンプルだけど快適。家族みんなの思いがつまった、みんなで作った家です」と満足そうだった。


 


 


「ありがとう」という言葉が大好きだというSさんご一家と㈱ドクターリフォーム・サンセイ代表の一級建築士 山口弘人(右端)。


 


北向きのキッチンスペースだったところは、間仕切りしてパントリーとして活用。大容量収納を設けた対面式キッチンスペースは、広々として、お嫁さんと一緒に料理ができる。やがては3世代でわきあいあいと一緒にお料理する光景も見られることだろう。


 


冷蔵庫や神棚、仏壇、TVなど全て造作で収納してあるので、すっきりとした空間になっている。バリアフリーの床には床暖房。床下もしっかり防水シートと断熱材で補強し、冬暖かく夏涼しい快適空間に仕上がっている。


 


明るくおしゃれでゆったりとした玄関になった。大家族なので、靴の収納もたっぷりできるようになっている。


 


リビングの外にサンルームのようなデッキを設置。子ども達の遊び場になったり、バーベキューを楽しんだり大活躍しそう。