VOICEお客様の声

光と風と笑顔の家

DSC_0034

「家族は一緒がいい」

玄関が一緒の2階建て二世帯住宅を新築した藤掛家は、4世代が同居する近所からうらやましがられるハッピー家族。3代目が建てた築60年の家は、増築や手直しを加えながら、長い間家族の営みを見守ってきた。楽しいこと、哀しいこと、思い出もたくさんある。しかし、屋根をはじめあちこちが老朽化し、台所も暗く昼でも照明をつけていたので、5代目が結婚して同居することを機に、思い切って新築することを決めた。


親戚に大工さんもいたそうだが、知り合いがドクターリフォームで新築し、とてもよかったという話を聞いて、まずは、若夫婦が“息吹の家”を訪ねてみた。いろいろなメーカーも見学したが、スペースを有効に使っていることや、とにかく家づくりの発想が面白かったので、依頼することにした。


1階は84歳のおばあちゃんと4代目ご夫婦のスペース。2階は若夫婦世帯。それぞれの好みやこだわりを取り入れ、全体的に無駄が少なく効率の良い、家族全員が安心して生活できるオール電化・バリアフリー設計になっている。特に1階は、太陽の光がたっぷりと入り、心地良い風が抜けるようになっていて、2階は、家族が増えても生活できるよう将来を見据えた未来空間になっている。水廻りはいたってシンプル、コンパクトでお掃除もラクラク。


「家族は一緒がいい」と、言いたいことを言い合えるステキな関係の藤掛ファミリー。2階に飾りとして利用した古い家の梁と共に、先祖代々に守られ、笑顔があふれる新しい暮らしがスタートした。