PROCESS&PRICEリフォームってどんな風に進めるの?このリフォームっておいくら…?
施工の様子とコスト

築20年水廻り&水廻りリフォーム 宇都宮市 1000万円~

Before


お住まいになっているご家族が、「リフォームしたい!」と感じる住宅リフォーム適齢期は、築年数20年前後と言われています。
水廻りは必須で、特にタイル張りの浴室や断熱性の低い脱衣所・トイレなどは改善の価値ありです。
そして、それに合わせて間取りの変更をするのか?しないのか?今回のリフォームでは水廻りに加えてLDKの間取り変更リフォームを進めて行く予定です。

 


解体工事が始まりました!


 


 仮設の浴室は2階のシャワーユニットを使用し、キッチンのみ南側に仮キッチン小屋を作り、既存システムキッチンを短くカット、移動しました。


 RC造の既存建物ですから、建築図面通りに出来ていました。解体し造作もリフォームの設計通り進みます。

木工事が始まりました。


 


RC造の建物ですが内部間仕切り、床・天井の造作は木造で造作します。


床暖房を入れますので床の断熱材をしっかり入れます。


 


同時に浴室のシステムバスの組み立ても進みます。 


TOTOスプリノ 1.25坪 

システムキッチン 取付・施工中


木工事が完了すると造作家具やシステムキッチンの取付→塗装・内装の仕上げが始まります。


システムキッチンはLIXIL シンプルにホワイトの扉にしました。 


造作家具は建具に合わせチェリーの材料 染色の塗装仕上げにしました。


次期工事は大谷石貼り!!

完成!


ブラインドや家具も入りリフォーム工事の完成です。ダイニングチェアはハンス・J・ウエグナーの代表作「Yチェア」 


扉や造作家具の色に合わせチェリーのオイル仕上げの椅子にしました。