INFORMATIONお知らせ

  • 毎月連載105回目の『家族の絆物語』思い+思われ+頼り+頼られ

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第105回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」3月号に掲載させていただきました。

     

    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と9ヶ月続ける事ができ、その内容は回数を重ねる毎にますます充実して参りました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市内にお住いの高橋様ご家族。介護が必要となったお父様と一緒に住むことを決断され、これから予想される介護生活も見据えた水廻りやバリアフリーを盛り込んだリフォームを実行。ご主人お気に入りの書斎コーナーもプランに反映され、ご家族皆さん満足できるリフォームが完成しました。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    『家族の絆物語』のコーナーはコチラです。

    www.dr-reform.com/page_03_03.shtml

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    tochipe.jp/view.html

    MORE>
  • ニュースレター128号おかげさまで40周年!

    ★弊社(株)ドクターリフォーム・サンセイは今月で40周年を迎えます。今月のばななレターでは今まで弊社を支えて下さった皆様に向けて、会長、社長をはじめ、スタッフ一同からのメッセージを掲載しておりますので、どうぞお楽しみください。

     

    ★今月のイベント情報

    築30年 3世代増築リフォーム見学会 鹿沼市麻苧町W様邸

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

    MORE>
  • 東日本大震災前後の診断依頼者の動向

    日本木造住宅耐震補強事業者協同組合、略称「木耐協」から、昨年3月に発生した東日本大震災前後の『耐震診断依頼者動向』が発表されました。

     

    この発表によると、耐震診断を受診した建物のうち、なんと90.32%の戸建住宅が耐震基準を満たしていないとのことです。この数字を見ると、今後の木造住宅のあり方やリフォームに対する考え方も変わってくるのではないでしょうか?

     

    この他、耐震補強にかかった平均工事金額などの調査結果も掲載されていますので、詳しくは下記のホームページにアクセスしてご確認ください。

     

    ドクターリフォーム・サンセイ 代表取締役 一級建築士 山口弘人

     

    東日本大震災前後の診断依頼者の動向 詳細はこちらから

    www.mokutaikyo.com/data/index.

     

    日本木造住宅耐震補強事業者協同組合のホームページ

    www.mokutaikyo.com/index.htm

     

    MORE>
  • 1月28日リフォームの仕事は職人のチームワークが決め手

    ドクターリフォーム・サンセイの協力業者会は、そのネーミングもユニーク。ちょっとかわいらしさも感じてしまう『ばなな匠の会』という会の名前なのです。



    ドクターリフォーム・サンセイマスコットマークは『ばななくん』古いお家が一皮むけてピカピカニコニコ♪ でバナナ。


    その仕事を現場で進めて行く匠のチームなので『ばなな匠の会』。



    実際に工事が始まり、お客様と直接接しながら日々の仕事を行う職人さんたちは、ドクターリフォーム・サンセイの宝です。今回は新年会も兼ねてボーリング大会を開催致しました。



    ばなな匠の会


    www.dr-reform.com/profile5.shtml

    MORE>
  • ニュースレター127号

    今回の内容は・・・

     

    1.TDYリモデルコンテスト受賞

     

    2.お得意様限定耳より情報

    特別価格キャンペーン開催のお知らせ!

    弊社をご愛顧いただいているお客様にのみ、今までにない価格でのサービスキャンペーンのお知らせです!

    詳細は弊社までお問い合わせください。

    3月20日までの期間限定です。お問い合わせはお早めに!

     

    3.二か所同時見学会~コンテスト受賞のお宅を見に行こう~

     

    4.家族の絆物語連載103話目

    ばななレターでおなじみのリフォームご家族紹介コーナー『家族の絆物語』今回は高根沢町のスポーツショップのリフォームをご紹介。

     

    *今回は盛りだくさんの為、裏面も印刷しております。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

     

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

    MORE>
  • 1月25日社内研修を行いました。

    新しい年を迎え、ドクターリフォーム・サンセイでは、より高いお客様満足を追求するべく、社員全員参加で研修会を行いました。

    その内容は、コミュニケーション力向上を目的とした人材開発研修で、テーマは「効果的な組織を考える」。3つのグループに別れシュミレーションゲームを通しとても良い雰囲気の中、楽しく研修を終えました。

     

    日々の仕事だけでは、なかなか身につかないこのような自己成長スキルは、お客様が満足して下さる仕事をしたいと考えているわれわれスタッフにとって、とても重要なこと。これからも時間をとって開催していきたいと思います。

     

    スタッフの感想:全員参加の研修会はよりお互いの思いを深める良い機会と感じました。(設計デザイン部 課長 佐藤弘人)

     

    大変勉強になりました。(総務広報部 部長 鈴木一正)

     

    「グループでの実習」 社員全員参加が良かった。(設計デザイン部 部長 飯田勝己)

     

    自分の目前の仕事をこなすばかりでなく、少し違った目線(他人からの目線)や本来の仕事の目的をもう少し意識しながら仕事を進めようと感じました。(工事部 坂田成道)

    MORE>
  • ニュースレター126号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送でお届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」126号「2012年1月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は・・・

     

    1・新年のご挨拶

    2・お得意様限定耳より情報

    特別価格キャンペーン開催のお知らせ!

    弊社をご愛顧いただいているお客様にのみ、今までにない価格でのサービスキャンペーンのお知らせです!

    詳細は弊社までお問い合わせください。

    3・会長 山口慶之助の鶏口牛後

    密かにファンの多い弊社会長のコラムコーナー。

    今回は国土交通大臣表彰受賞にまつわるお話です。

    コアなファン必見です。

    4・家族の絆物語連載102話目

    ばななレターでおなじみのリフォームご家族紹介コーナー『家族の絆物語』今回は宇都宮市の車いす対応オープンハウスのお宅を紹介。

    ご自身が車いすで生活されているお施主様のご要望と住み心地を取材しました

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

    MORE>
  • 毎月連載102回目の『家族の絆物語』車いす対応住宅

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第102回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」12月号に掲載させていただきました。

     

    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と6ヶ月続ける事ができ、その内容は回数を重ねる毎にますます充実して参りました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市にお住いで、(株)オーリアルという不動産会社を経営されている大塚様。以前は、別の場所に事務所を構えられていた大塚様ですが、不慮の事故で、車いすでの生活を余儀なくされたことから、事務所兼自宅を新築される事を決意。実際に障がいを持たれている大塚様のご意見と、当社のアイデアを集結させた、こだわりのお住まい。なるほど。と思えるエピソードもご紹介しています

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    『家族の絆物語』のコーナーはコチラです。

    www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2366

     

    大塚様の施工例は施工事例『新築・店舗など』でご確認ください。

    www.dr-reform.com/page_01_02_02.shtml?2368

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    tochipe.jp/view.html

    MORE>
  • ニュースレター125号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」125号「2011年12月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・



    1・第19回ジェルコデザインコンテスト2011(国内最大リフォームデザインコンテスト)にて『全国最優秀賞受賞』報告


    応募総数578点。栃木県では唯一の受賞でした。



    2・クリスマスパーティーin『息吹の家』


    今回は、お家でのパーティーの仕方をお教えします。インテリアコーディネーターによるテーブルセッティングなど、自宅でのパーティーに役立つ情報満載の勉強・参加型パーティーです。



    3・家族の絆物語連載101話目


    ばななレターでおなじみのリフォームご家族紹介コーナー『家族の絆物語』今回は那須塩原市のお宅を紹介。


    築150年の古民家を再生させた匠の技をご紹介しています。



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • No.101『家族の絆物語』

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第101回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」11月号に掲載させていただきました。



    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と5ヶ月続ける事ができ、その回数は前回100回目を数え、内容もますます充実して参りました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、那須塩原市にお住いの印南さんご家族。ご高齢となり足腰に不安を抱えながら生活をされているご両親を心配する娘さんが、リフォーム会社選びから仕様決めの打ち合わせまで参加された親子愛溢れるリフォームです。


    キッチンの近くにお風呂とトイレが設置され、動き易くコンパクトに。天窓で明るさも確保。どのようなリフォームに仕上がったのでしょうか!?ご家族の心温まるリフォームエピソードをご紹介致します。



    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

    MORE>
  • 全国最優秀賞受賞!

    第19回ジェルコデザインコンテスト2011 において当社が全国最優秀賞を受賞しました。



    以下、平成23年11月8日下野新聞掲載記事より



    住宅リフォームの「ドクターリフォーム・サンセイ」(宇都宮市岩本町、山口弘人社長)が、国内最大の業界団体である日本増改築産業協会(通称ジェルコ)の「第19回ジェルコリフォームデザインコンテスト2011」の玄関ホール部門で最優秀賞を受賞した。



    受賞作品は駒場英樹さん邸(宇都宮市)。奥まった場所で日当たりも悪かった玄関を、南側の広いスペースに移動。壁面に収納を設けたほか、無垢板張りの引き戸を採用し、明るく清潔感あふれる空間に仕上げた。併せてリビングなどもリフォームした。



    全国から578点の応募があり、県内で唯一入賞した。2003年以来となる最優秀賞受賞に、山口社長は「機能面やデザイン性などが高く評価されれた。お客様に喜んでいただけたことがうれしい」と笑顔を広げた。

    MORE>
  • ニュースレター124号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」124号「2011年11月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・



    1・会長山口慶之助『国土交通省表彰受賞』報告


    これまでのリフォーム業界での活動にご評価を頂きました。



    2・秋の遠足『イケアバスツアー』に行ってきました。


    以前このニュースレターでも参加者を募集した、新企画『イケアバスツアー』にお客様とスタッフみんなで出掛けてきました。



    3・家族の絆物語連載100話達成


    ばななレターでもおなじみのリフォームご家族紹介コーナー『家族の絆物語』が今回ご協力頂いた横井様で100回目となりました。これまでの経緯やお礼を掲載しております。




    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • 国土交通大臣表彰受賞!

    弊社会長、山口慶之助が国土交通省が定める第23回住宅生活月間で国土交通大臣表彰を受賞しました。


    以下、平成23年10月14日下野新聞掲載記事より


    リフォーム業界に貢献『ドクターリフォーム・サンセイ山口氏 国交大臣表彰』(宇都宮市)


     住宅リフォームのドクターリフォーム・サンセイ(宇都宮市岩本町)の山口慶之助会長は13までに、国土交通省が定める第23回住宅生活月間で国土交通大臣賞を受賞した。


     同表彰は住意識の向上、ゆとりある住生活の実現や建築物の質の向上を図る目的で毎年、住生活の各分野で活躍した個人・団体に贈られている。


     山口会長は日本増改築産業協会会長、住宅リフォーム・紛争支援センター理事などを歴任。住宅・建築関連産業の業務に精励し、関係団体の役員として業界発展に寄与したことが認められた。


     同日、下野新聞を訪れた山口会長は「全国のリフォーム業者に品質を上げようと呼び掛けてきた。これからも業界の環境整備を提言していきたい」と話した。


    2011(平成23年)10月14日(金曜日) 下野新聞朝刊より

     

     

     

    MORE>
  • 祝!No.100『家族の絆物語』

    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と4ヶ月続ける事ができ、その回数はちょうど100回を数えるまでになりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、下野市にお住いの横井さんご家族。太い柱や梁をデザイン性豊かに露わにしたことで、より一層家の魅力が高まりました。機能面も充実させたことにより、歴史を受け継ぐご家族も快適な生活が手に入りみなさんニコニコ。ご家族の心温まるリフォームエピソードをご紹介致します。



    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

    MORE>
  • ニュースレター123号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」123号「2011年10月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・



    1・会長山口慶之助のコラム 『鶏口牛後』


    一大決心!?脊椎狭窄症(腰)の手術を乗り越え・・・



    2・弊社代表山口弘人が下野市にて講演をさせて頂きました。


    下野市が主催する生涯学習プログラムの一環として「住まいの整備がつくるステキな家族」という講演タイトルでお話をさせて頂きました。



    3・家族の絆物語 Vo1.99 あぜみち駅東店


    宇都宮市内で人気の農産直売所『あぜみち』が宇都宮駅東に新しくオープンしました。これまでのお店に比べ広々のびのびした店内には今日もたくさんの奥様達で賑わっています。



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • 国土交通省『リフォーム評価ナビ』

    ここ数年でインターネットが急速に普及し、若い世代はもちろんのことリフォームをお考えのシニア世代においても、「リフォーム会社をインターネットで検索する」ことが日常的になっています。



    このサイトのように会社独自のホームページを直接見る方もいれば、比較サイトと呼ばれるホームページで各会社の情報を手にするかたもいらしゃいます。



    どちらにしても情報を集めることは重要ですね。



    そんな中、新たな問題も発生しています。それが「インターネットの世界では、その会社の良い情報しか手に入らない。真の評価がしりたい!」という消費者からの問題です。



    このようなことも加味し、国土交通省は『消費者が安心してリフォームができる市場環境の整備』の一環として、『リフォーム評価ナビ』をスタートさせました。



    真剣にリフォームをお考えの方は、ぜひこの『リフォーム評価ナビ』をのぞいてみてください。

    MORE>
  • 弊社代表山口が講演させていただきました

    下野市教育委員会が主催する生涯学習の一環として、平成23年9月10日に『住まいの整備がつくるステキな家族』との講和タイトルで、実際にリフォームさせて頂いた事例を交えながらお話をさせて頂きました。



    当日はたくさんのご質問も頂き、みなさんとても熱心に講座に参加なさっていました。



    日時:平成23年9月10日


    場所:下野市石橋公民館『すまいの整備でつくるステキな家族』


    主催:栃木県下野市教育委員会

    MORE>
  • 直売所「みんなのあぜみち」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第99回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」9月号に掲載させていただきました。


    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と3ヶ月続ける事ができ、その回数は99回を数えるまでになりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。


    今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市中今泉にオープンしたばかりの農産直売所『あぜみち』駅東店のみなさん。経営者の林社長は、弊社ドクターリフォーム・サンセイの社長山口と地元花火大会を通じて知り合った友人の関係。お店を完成させるにあたり遠く和歌山まで視察にも出掛けたのだとか・・・ 震災にも負けず農家を大切にお店創りをしている心温まるお店のリフォームエピソードをご紹介致します。


    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。


    家族の絆物語はこちら


    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2313

    MORE>
  • 新企画!

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」122号「2011年9月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・


    1・新企画!IKEAバスツアー開催。この秋、ご自分のお部屋をステキにコーディネートしたいとお考えの方に耳寄りなお話です。9月27日(火)はIKEAへゴー!



    2・卓球大会を開催しました。ドクターリフォーム・サンセイではスタッフ間のコミュニケーション向上を目的として毎月なんらかのリクリエーションを企画しています。今回はOBのお客様にご協力頂き、地元のコミュニティ施設にお邪魔して来ました。



    3・家族の絆物語 Vo1.98 藤掛邸


    栃木市にお住いの藤掛さんご一家は、4世代が同居する仲良しご家族。今回の新築では1階と2階をで完全2世帯とすることで、より良い関係の毎日が過ごせそうです。さてさてどのようなオウチが誕生したのでしょうか?



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • No.98『家族の絆物語』

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第98回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」8月号に掲載させていただきました。



    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と2ヶ月続ける事ができ、その回数は98回を数えるまでになりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、栃木市にお住いの藤掛さんご家族。老朽化し不便を感じていた築60以上経ったご自宅を解体し、家族がみんなが仲良く楽しく暮らせる二世帯住居を新築しました。親世帯が1階、子世帯は2階と完全に生活スペースを分けたことにより、より一層家族の絆も深まったようです。どのようなリフォームが完成したのか?ご家族の心温まるリフォームエピソードをご紹介致します。



    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。



    家族の絆物語はこちら


    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2291

    MORE>
  • ニュースレター121号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」121号「2011年8月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・


    1・社長旅日記 カンボジア編 ~水上生活の実態~


    旅の感想を写真と共にご紹介。



    2・ドクターリフォームがおススメするエコな暮らし


    3月11日の震災後注目を集めている自然エネルギーの活用。今回のコーナーではそんなエコに関する話題をギュッとまとめてお伝えしております。



    3・家族の絆物語 Vo1.97 柳田邸


    矢板市にお住いの柳田さん宅は、寒さと間取りの使いづらさを解決するためにリフォーム工事をスタートさせました。順調に工事が進み、完成を今か今かと楽しみにしていたそんな矢先、東日本大震災による大きな揺れが・・・ 無事に完成することができたのでしょうか?



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • No.97 家族の絆物語

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第97回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」7月号に掲載させていただきました。


    お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年と1ヶ月続ける事ができ、その回数は97回を数えるまでになりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、矢板市にお住いの柳田さんご家族。築30年以上経ったご自宅で不便を感じていたお台所とリビングを中心に、寒さ対策も同時に手掛けました。工事中には東日本大震災も経験し、リフォームの効果をより強く感じたようです。さてさて、どのようなリフォームが完成したのか?ご家族の心温まるリフォームエピソードをご紹介致します。



    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。



    家族の絆物語はこちら


    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2274



    MORE>
  • かし保険の登録事業業者です

    『リフォームかし保険』とは?


    消費者が安心してリフォーム工事を行えるよう、建築士による検査と保証がセットになった、住宅瑕疵担保履行法に基づく保険です。


    リフォーム工事を請け負った事業者が保険契約者となり、リフォーム工事に瑕疵が見つかった場合、修補費用の一定割合を保険金としてお支払いします。

    MORE>
  • ニュースレター120号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」120号「2011年7月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・(情報が多くA・B両面印刷特別版 写真はB面)



    A面


    1・社長旅日記 カンボジア編 ~リアルに感じた戦争の歴史~


    カンボジアの歴史上、決して忘れることのできない大量虐殺。その現場とは・・・ 旅の感想を写真と共にご紹介。



    2・社員交流見学会 × ウィルホームさん


    同業者同士ではありますが、互いに切磋琢磨していくことを目的にそれぞれの現場で社員交流&見学会を実施しました。



    3・家族の絆物語 Vo1.96 チコのワンワン物語


    日光市(旧今市)で、ワンちゃんの美容室を営む岡本さん。お母様から経営のバトンを受けた息子さんが、幼なじみのサイトウくんが勤めるドクターリフォーム・サンセイにお店のリフォームを依頼することに。若い経営者はどのようなお店を完成させたのでしょうか?


    *A面の掲載が出来ず申し訳ございません。



    B面


    4・強くてステキな家にリフォームしよう!!


    震災時、リフォームした家にお住まいになっていたご家族は安全に過ごすことが出来たのでしょうか?リフォームしておいてホント良かったとの声をお伝えします。



    5・リフォーム構造現場見学会


    日時:7月23(土)24(日)


    場所:鬼怒川温泉滝


    築90年、貴重な古民家の大規模リフォームです。しかも今回は工事中の現場を見学できる貴重な機会です。



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。

    MORE>
  • ガイアの夜明け

    震災後、「自分の家で、安心して暮らすことが出来るのか...」と心配する人が多い。それは、被災地だけに限ったことではない。マイホームの耐震診断を行う各地方自治体の相談センターには、確認に訪れる家族が殺到している。気を付けるべき事とは、どんなところなのか?「住み慣れた住まいで一生暮らしたい...」というのは誰しもの願いだが、それを実現するポイントは、耐震強度のほかにもあるという。"定年前リフォーム"を提唱、実践する現場を長期密着取材した。また、老若男女が集う"コミュニティ復興"を目指して始まった団地再生プロジェクトも追った。


    以上ガイアの夜明けホームページより

    MORE>
  • ニュースレター119号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」119号「2011年6月号」の編集作業が終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    今回の内容は・・・


    1・社長旅日記 カンボジア編 ~アンコール遺跡群~


    旅の感想を写真と共にご紹介。



    2・あぜみち宇都宮駅東店オープン


    大人気の農産物直売所『あぜみち』さん初の大型店舗とあって連日大盛況です。



    3・家族の絆物語 Vo1.95高橋邸


    宇都宮市内で新築のお手伝いをさせて頂いたお客様のご紹介です。築30年経った中古住宅にお住まいだった高橋さんは、30歳の節目に新築を計画することになりました。四季を感じる風通しや採光の良い家を建てたいとの思いを叶えることが出来たのでしょうか?



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いでスタートさせた、お客様との『ささやかな接点つくりレター』ですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • No.96 家族の絆物語

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第96回目「チコのワンワン物語」が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」6月号で紹介されました。



     お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで8年間続ける事ができ、その回数は96回を数えるまでになりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、日光市にお住まいの岡本さんご家族。ご自宅の駐車場からスタートしたワンちゃんの美容室が息子さんに引き継がれ、アジアのリゾートホテルのようなおしゃれな空間にリフォームされました。動物を愛する優しいご家族の心温まるリフォームエピソードをご紹介致します。



    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。



    家族の絆物語はこちら


    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2243

    MORE>
  • ニュースレター118号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」118号「2011年5月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    1・『震災被害住居の調査に行ってきました』


    弊社代表取締役の山口が、応急危険度判定士(建築士が登録するボランティア活動資格者)として栃木県内の震災被害住居を廻り、その危険度の判定を行ってきました。



    2・『会長 山口慶之助の鶏口牛後』


    OBのお客様から高いご評価を頂いている会長コラムのコーナー。今回は東日本大震災における日本のあり方について、熱くコメントを致しております。



    3・『家族の絆物語 ハワイアンスタイル ルアナ』


    毎回リフォーム後のお客様のところへお邪魔し、リフォーム計画中のエピソードやご感想などを写真と共にお伝えしています。今回ご紹介させて頂いているお客様は、美容室をハワイアンショップにリフォームされた、ルアナ様です。



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!(毎月更新していますのでWEBでもご確認頂けます。)

    MORE>
  • リフォーム現場監督募集!

    募集職種:現場監督



    仕事内容:住宅リフォームの現場監督として工程管理や打ち合わせ、現場管理が主な仕事です。工事物件は木造住宅がほとんどです。



    応募資格:実務経験、建築士・施工管理技士資格優遇。やる気のある方、元気のある方。



    必要資格:普通自動車免許


    募集年齢:20代~30代


    雇用形態:正社員


    勤務地:栃木県


    勤務時間:8:30~18:00


    給与:20万円~35万円


    休暇:夏期休暇、冬季休暇、有給休暇


    福利厚生:社会保険完備、交通費支給



    お問い合わせや履歴書の送付は



    住所  :〒321-0976 宇都宮市岩本町394-5


    電話番号:0120-20-6551または028-621-6551


    メール :info@dr-reform.com


    担当者 :鈴木

    MORE>
  • No. 95 家族の絆物語

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第95回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」4・5月号に掲載させていただきました。



     お客様のご協力なしでは続けることが出来ないこの連載記録も、おかげさまで7年と11ヶ月続ける事ができ、その回数は95回を数えるまでになりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市にお住まいの高橋さんご家族。中古住宅にお住まいでしたが、お子さんの誕生を機に新築を建てることを決断され、ご夫婦で話し合いを重ねた結果初めての経験ではありましたが、ほぼ思い通りの家を手に入れ、楽しい生活と笑顔で送っていらっしゃる幸せ家族のご紹介です。

    MORE>
  • ニュースレター117号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」117号「2011年4月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    1・『東日本大震災後の対策を次のように進めて参ります』


    震災直後からお客様宅の巡回などを始め、緊急性の高いOBまたは現在進行中のお客様宅の復旧工事にとりかかりました。



    2・『息吹な仲間たち (株)グリーンデイズ 代表取締役 林 書緯氏』


    当社オリジナルオープンハウス息吹の家のゲスト紹介コーナー。今回は農産物直売所「あぜみち」のオーナー林社長が登場。「とにかくみんなが嬉しいと喜べる仕組みつくりをしたい」と語る優しく熱い若手経営者です。



    3・イベント情報『強くてステキな家にリフォームしよう』


    東日本大震災による栃木県内な家屋被害状況と今後の対策を、これまでの実績を踏まえお伝えするセミナーです。



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

    MORE>
  • No.94 家族の絆物語

    ◇とちぎを元気に!◇ ~私たちはリフォームで愛する地元とちぎを元気にします!~


    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第94回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」3月号に掲載させていただきました。



     前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と10ヶ月続ける事ができ、その回数は94回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、壬生町おもちゃのまち駅前でハワイアンジュエリーと雑貨のお店『ルアナ』さん。ご両親が経営されていた美容室の一部を南国風リフォーム。訪れたお客様が癒されて元気になれるお店のご紹介です。


    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。



    家族の絆物語はこちら


    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2188

    MORE>
  • 弊社の東日本大震災対策について

    3月11日に発生した【東日本大震災】は、私たちの住む栃木県内にも大きな被害をもたらしました。地震による建物の被害を心配される方からも数件ご連絡を頂いております。弊社の対応についてコメント致します。



    <営業のご案内>


    3月14日(月)8時30分より、通常営業いたします。


    (社屋は一部復旧が必要な箇所もございますが、業務に大きな影響はない程度です。)



    <お客様の対応について> 上から対応優先順位の高い順



    ◇人命に係わる倒壊家屋に住む独居老人や障害を持つ方のご自宅など、緊急性の高いOBまたは現在進行中のお客様宅の復旧工事。



    ◇現在工事中で引き渡し前のお客様宅の工事と、OBのお客様からご連絡を頂いた補修等メンテナンス。


    *OBのお客様に関する補修費用は実費(原価)のみを頂く方向で検討しております。



    ◇地震前から進めさせて頂いていたお客様とのお打合せ。


    *打合せ日時の変更をお願いする場合がございます。



    ◇新規にリフォーム依頼を頂いた方とのお打合せ。



    東日本大震災で亡くなられた方に心から哀悼の意と、ご冥福をお祈り申し上げます。多くの行方不明の方のご無事をお祈り申し上げます。



    ドクターリフォーム・サンセイ 代表取締役 一級建築士 山口弘人

    MORE>
  • ニュースレター116号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」116号「2011年3月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。


    1・『フィンランド大使館に行ってきました』


    このばななレター編集長でもある広報部の山口真由美が、とあるレセプションで西麻布にあるフィンランド大使館に行ってきました。北欧のインテリアに触れセンスを刺激されたようです。


    2・『スウィッチステーション宇都宮3月5日オープン』


    宇都宮市内中心部にあった東京電力テプコラフォンテが新しく生まれ変わり宇都宮市平松町に移転しました。4月にはドクターリフォーム・サンセイもイベントを開催させて頂く事になっています。


    3・『家族の絆物語』毎回施工例を紹介させていただいているコーナーです。今回は宇都宮市内にお住まいの駒場様をご紹介。築18年、新築当時は独身だったご主人が愛するご家族のために広々としたリビングダイニングキッチンを手に入れたいと増築リフォームをされました。


    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

    MORE>
  • No.93 家族の絆物語

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第93回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」2月号に掲載させていただきました。



     前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と9ヶ月続ける事ができ、その回数は93回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市にお住まいの駒場さんご家族。ご主人が18年前に新築で購入した家も、家族が増え手狭になってきた。今回のリフォームでは一部増築も行い広々とした清潔感あふれるLDKを手にすることができた。カビや結露にも悩まされていたが、リフォームで機能面も向上。楽しい生活と笑顔を手にした幸せ家族のご紹介です。


    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

    MORE>
  • ニュースレター115号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」115号「2011年2月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。



    1・『息吹な仲間たち』社長山口の友人、25才の若さで那須の温泉旅館「山水閣」を引継ぎ、驚異のバイタリティで超人気旅館へと発展させた凄腕の持ち主、片岡孝夫社長が登場。今回は特別に優待券も付けて頂きました。



    2・コンテストで優秀賞を頂きました。ドクターリフォーム・サンセイが設計&施工させて頂いた宇都宮市の吉澤様宅が(株)TOTO主催のリモデルコンテストにて優秀賞に選ばれました。



    3・『ドクターリフォームのお仕事』毎回施工例を紹介させていただいているコーナーです。今回は宇都宮市内で生涯学習館を運営されている阿久津様のご自宅リフォームをご紹介。



    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

    MORE>
  • 下野新聞社 くらす本2011

    ずっと愛せる、栃木のおうちとくらし 下野新聞社から住まいに関する本『くらす本 2011』が出版されました。



    そしてこの中で最初に紹介されている『どようびは、ままのおかしやさんが おーぷんします』の記事には、ドクターリフォーム・サンセイが中古物件のリフォームをお手伝いさせて頂いたき菓子クオーレの樋口さんが登場。物件を購入されリフォームさせた経緯はもちろん、ご自身の夢を実現されるまでのストーリーも掲載されています。


    弊社オリジナルオープンハウス『息吹の家』もすっきり暮す収納上手な住まいとして紹介されていますので、ぜひみなさん書店にてお買い求め下さい。



    書籍名:くらす本2011


    発行 :下野新聞社 2011.1.29第1刷発行


    定価 :¥315(消費税込)

    MORE>
  • No.92「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第92回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」1月号に掲載させていただきました。



     前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と8ヶ月続ける事ができ、その回数は92回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。



     今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市にお住まいの阿久津さんご夫婦。1階の各部屋が壁で仕切られていたため暗く、30年以上前に建てられた家で過ごす冬の寒さは堪えるものがあった。今回のリフォームで断熱性だけでなく耐震性もアップし暖かで安心できる広くて明るい家を手にした幸せ家族のご紹介です。


    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。



    家族の絆物語はこちら


    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2126

    MORE>
  • ニュースレター114号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」114号「2011年1月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・新年のご挨拶。 新たな年を迎えスタッフ一同より良いリフォームをお客様にお届け出来るようがんばりますのでどうぞよろしくお願いします。

     

    2・ばなな匠の会開催。 ドクターリフォーム・サンセイの業者会『ばなな匠の会』。今回はデザインコンテストの受賞報告や、お客様から頂いたアンケートの発表など、新たな年を迎えるにあたりより良い仕事を一致団結して取り組む事ができるよう皆で話し合い交流を深め合いました。

     

    3・『家族の絆物語』 毎回施工例と共にお客様のリフォームストーリーを紹介させていただいているコーナーです。今回は宇都宮市にお住まいの山崎様をご紹介、築32年、玄関付近にあった階段を移動し3部屋をオープンにした山崎邸。明るい日差しが差し込みながらも外からの視線が気にならなくなったとご家族の皆さんにも喜んで頂けました。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

    MORE>
  • 『日経ホームビルダー』に紹介されました。

     

    日経BP社から発行されている『日経ホームビルダー』という専門誌から、弊社会長の山口慶之助と社長の山口弘人が揃って取材を受けました。

     

    今回は「リフォームの誤算」についてという取材内容。現場の実態を読者に伝えようと記者の安藤氏の質問に真剣にお答えさせて頂きました。

     

    以下 日経ホームビルダーのホームページより 安達 功編集長のコメント

     

    『日経ホームビルダー』は、戸建て住宅の建設に携わる技術者のための雑誌です。

     

    家づくりやリフォームの知識をテレビやインターネットによって身につける住まい手が、どんどん増えています。勘と経験だけに頼って造り続けていても、彼らの心はつかめません。かといって、言うなりの家を建てているだけでもまた、信頼のおけるプロとはみなされないでしょう。

     

    賢い建て主に「さすがプロ」と言わせるノウハウを、『日経ホームビルダー』は、わかりやすくお伝えします。

     

    日経ホームビルダーのホームページ

    kenplatz.nikkeibp.co.jp/HB/about/

    MORE>
  • No91「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第91回目を、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」12月号に掲載させていただきました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と7ヶ月続ける事ができ、その回数は91回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市にお住まいの山崎さんご家族。階段の位置を移動し、それまで仕切られていた3部屋を大きなLDKとして使えるようにし家族みんなが集まってものびのびと使える楽しい空間にリフォームされた幸せ家族のご紹介です。

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2097

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    tochipe.jp/

     

    MORE>
  • ばなな匠の会

    ドクターリフォーム・サンセイでは、ばなな匠の会(職人&メーカーさんチーム)と『より良いリフォームの仕事創り』をテーマに、勉強会や懇親会を定期的に実施しています。今回もたくさんの仲間と熱く語らい楽しい時間を過ごしました。

     

    第一部では、お客様から頂いたアンケートをもとに、感謝の言葉やお叱りの言葉を発表するなど、一年をしっかり振り返り来年の更なる飛躍を皆で誓い合いました。

     

    そして第二部は、一年間のねぎらいの意を込めて忘年会を開催しました。これも現場でのコミュニケーション力を深める上で大切なこと。毎回お開きになってもなかなか席を立とうとしないメンバーもいるくらい盛り上がっております。

     

    満足度の高いリフォームは、デザインや設計だけでなくその施工技術とそこに携わるすべてのヒトが創り出すもの。

    これからもドクターリフォーム・サンセイはお客様のために、ばなな匠の会メンバーを大切にし、時には厳しく時には優しく接しより良いリフォームを仕上げて参ります。

     

    ドクターリフォーム・サンセイ 代表取締役 一級建築士 山口弘人

     

    MORE>
  • ニュースレター113号

     

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」113号「2010年12月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・社長が行く 旅日記 in 徳島 葉っぱビジネスでどん底の過疎地域が活性化した町、上勝町やうだつの街並み「脇町」を訪ねてきました。

     

    2・『家族の絆物語』毎回施工例と共にお客様のリフォームストーリーを紹介させていただいているコーナーです。今回は市貝町にお住まいの高木様をご紹介、築23年水廻りの老朽化も気になり始めた高木邸。娘さんの提案で暗くて寒かった北側から明るく暖かな南側にキッチンを移動することに。広々とした開放的なLDKに大満足されたリフォーム事例をご紹介。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

     

    葉っぱビジネス いろどりのホームページ

    www.irodori.co.jp/

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

    MORE>
  • 栃木県立学悠館高等学校にて

    11月19日、栃木県立学悠館高等学校にて弊社代表の山口弘人が一年生151名を対象にした『職業人講演会』で講演をさせて頂きました。

    学悠館高等学校は、平成17年4月に開校した単位制高校で、昼夜間開講の三部(午前・午後・夜間)定時制課程と通信制課程を設置している全国的にもめずらしいタイプの高校です。

     

    講演の内容は、山口自身の学生生活と目標を見つけ建築の仕事に就いた経緯などを中心にテレビチャンピオン出演時の映像も交えお話しさせて頂きました。1時間程度と短い時間でしたが、学生のみなさんはとても真剣に話を聞き、自分たちの将来について考えるきっかけになったのではないかと思います。今回の講演が、生徒さんの将来に少しでもお役に立てれば光栄です。

     

     

    学悠館高等学校ホームページ

    www.it-service.co.jp/cgi-local/school/ks_a.cgi?input_group=23

    MORE>
  • No90「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第90回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」11月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と6ヶ月続ける事ができ、その回数は90回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、市貝町にお住まいの高木さんご家族。暗くて寒くて古かった日本家屋を、良い所は残したまま快適におしゃれにリフォームされた幸せ家族のご紹介です。

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml

     

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 東照宮にビール奉納

    『東照宮にビール奉納』

    キリンビール栃木支社(台幸好支社長)は11日までに、日光東照宮にビールを奉納、展示した。たる入りの日本酒を並べることはあったが、ビールは初めて。

    東照宮には江戸時代を代表とする絵師・狩野探幽が国宝の拝殿に描いた麒麟図、陽明門の彫刻など、49頭の麒麟の絵や彫刻がある。同社はビールのラベルに「麒麟」を描いており、縁が深いとして奉納した。

    国宝の東回廊に設置された奉納台は、高さ150?a、横155?a、奥行き90?a。ガラスケースに約100本の瓶を、三角形に3段積んだ。高根沢花岡の同社栃木工場は10月末に弊社されたが、本県と同社のつながりを残す奉納となった。

    東照宮の稲葉久雄宮司は「大変ありがたい。キリンと東照宮の深い関係を参拝者に理解していただけける」。一方、台支社長も「大勢のお客様にご覧いただける機会をつくってもらい感謝します」と話した。 2010年(平成22年)11月12日(金曜日)下野新聞朝刊

     

    写真は、ドクターリフォーム・サンセイがデザイン&施工でお手伝いさせて頂いた奉納ケースの前で、キリンビール栃木支社長の台幸好さん(右)と弊社代表の山口弘人

     

     

    日光東照宮ホームページ

    www.toshogu.jp

     

    ~栃木の元気にカンパイ!~ キリンビールホームページ

    www.kirin.co.jp

    MORE>
  • ニュースレター112号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」112号「2010年11月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・ばななくんのお気に入り家具のコーナー。おすすめのステキな家具をご紹介する新コーナーです。今回は南青山ウッドライクカンパニーの河合店長にもご登場頂き「スターウォッチングチェア」の楽しみ方を紹介致しております。

     

    2・『家族の絆物語』毎回施工例と共にお客様のリフォームストーリーを紹介させていただいているコーナーです。今回は下野市にお住まいの荒川様をご紹介、ご両親の思いを残しながらも2階部分を大胆に減築し、趣味を楽しむゆとりある空間を手にしたリフォーム事例をご紹介。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

     

    ウッドユーライクカンパニーのホームページはコチラ

    www.woodyoulike.co.jp/

    MORE>
  • 新刊ニュース『憧れのキッチン』

    柔軟な発想と趣味の心を活かし、情報、文化、そして夢を読者に提供し続けている「日本の名車シリーズ」などでお馴染のネコ・パブリッシングからデザインリフォームの本『憧れのキッチン』が発売されました。

    本の中で、我々ドクターリフォーム・サンセイもデザイン力に定評のある会社としてご紹介頂いております。(P60)

    リフォーム事例から収納アイデアまで、リフォームをお考えの方にはとても参考になる一冊ですので、ぜひ書店またはインターネット販売でお買い求め下さい。

     

    四輪、二輪、鉄道、おもちゃといった趣味関連の雑誌・書籍を発行し、日本の趣味文化の発展に力を注ぎ続けるネコ・パブリッシングに今後も注目です。

     

    ネコ・パブリッシングホームページ

    www.neko.co.jp/index.php

    MORE>
  • No89「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第89回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」10月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と5ヶ月続ける事ができ、その回数は89回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、下野市にお住まいの荒川さん。お亡くなりになったご両親の思いを減築リフォームというカタチで残すことを決め、活気ある生活を手に入れた荒川さん。陶芸や絵画も楽しめる工房も出来ましたので、これからの生活が楽しみですね。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?2027

     

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 全国でリフォーム無料相談がスタート!

    全国一斉のリフォームに関する「共通無料相談」が、900業者が参加して展開されている。県内では宇都宮市のドクターリフォーム・サンセイなど5社が名を連ねた。

    無料相談は、住宅資材メーカーなどでつくる全国組織「住宅インフィル・リフォーム懇談会」(神崎茂治座長)が提唱。国土交通省の外郭団体「財団法人ベターリビング」と、全国の住宅部品、建材関連45社が協賛している。

    利用者の情報収集、疑問解消が目的。「要望がない限り、具体的な商品や工事は勧めない」(同懇談会)という。県内では宇都宮市の寿屋、住まいる工務店、三協テック北関東、小山市のライフプランも登録している。サンセイの山口弘人社長(37)は「ぜひ相談して、質の高い住まいへの関心を深めてもらいたい」と呼び掛けている。11月末まで。 平成22年10月13日 下野新聞朝刊より

     

    詳しい内容はベターリビングのホームページでご確認下さい。クリック!

    www.cbl.or.jp/soudan/index.html

    MORE>
  • ニュースレター111号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」111号「2010年10月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・『息吹な仲間たち』社長山口の友人、車椅子社長として仲間や不動産業を通じてお客さんにも元気と勇気をプレゼントしているオーリアル大塚社長が登場。

     

    2・雑誌ミセス10月号にドクターリフォーム・サンセイのお客様が紹介されました。

     

    3・『ドクターリフォームのお仕事』毎回施工例を紹介させていただいているコーナーです。今回は高根沢町で長屋門をデイケアセンターにリフォームしたお客様をご紹介。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

     

    大塚社長の会社オーリアルはコチラ

    www.oreal.co.jp/

     

    MORE>
  • No88「家族の絆物語」

     

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第88回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」9月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と4ヶ月続ける事ができ、その回数は88回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、高根沢町にお住まいの鈴木さんご夫婦。長年お住まいになっている敷地内にあった長屋門をリフォームし、地域の人々が集うデイケアセンターを始めました。窓の外に広がる田園風景を眺め、ゆったりとした時間を過ごしていると、気持ちも体も元気になってしまう。そんな栃木ならではの発想です。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1999

     

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 住宅版エコポイントを使ってリフォームしましょう!

    TVや新聞でもよく取上げられているので、みなさんも耳にしたことがあるかと思います「住宅版エコポイント」。

    まずは、この制度がどのようなコンセプトで打ち出されたものなのかをカンタンにお話しいたします。

     

    地球環境のために住宅から排出されるCO2を減らそう→暖房などをあまり使わない家にして行こう→家の断熱性能を高めて行こう→国で資金面の補助をしよう。

     

    と、こんな感じです。具体的には次の2つが挙げられ、最大で15万円分のポイントがもらえます。

     

    ☆窓の断熱リフォーム

    ☆外壁や屋根、天井や床の断熱リフォーム

     

    間取を変更するようなリフォームでも通常行っている、インナーサッシの取り付けや断熱材(ノンフロンのものに限る)の工事などが対象になります。エコとは違いますが、床の段差を解消するバリアフリーリフォームも対象に加えられていますので、リフォームをお考えの方のほとんどが使えるポイントだと言えますね。まだまだ浸透してはいませんが、寒い家に住んでいる家族向けの助成制度なのですから、われわれ栃木県人にはとてもありがたいですよね。

     

    昨年はテレビや車で減税やエコポイントをゲットした奥様。青い地球を守るため、今年は住宅版のエコポイントで得をして暖かい暮らしを手に入れましょう!

     

    ドクターリフォーム・サンセイ 代表取締役 一級建築士 山口弘人

     

    エコポイントを使ったリフォームにご興味がある方は、直接ドクターリフォーム・サンセイにご連絡下さい。0120-20-6551

     

    MORE>
  • ニュースレター110号 

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」110号「2010年9月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・社長旅日記:タイの旅行記を写真と一緒にお届け。「戦場に架ける橋」カンチャナブリの旅。

    2・息吹な仲間たち。障害者と健常者の架け橋として活躍する小林さん。

    3・ドクターリフォームのお仕事。毎回施工例を紹介させていただいているコーナーです。今回は宇都宮市内でスポーツバーを完成させたお客様をご紹介。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

    バックナンバーもごらん下さい クリック!

    www.dr-reform.com/letter.shtml

    MORE>
  • No87「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第87回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」8月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と3ヶ月続ける事ができ、その回数は87回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたお客様は、宇都宮市内中心部にスポーツバーをオープンさせた、FCボルトナットのオーナー植村徹さん。「スポーツで地域振興に貢献したい」と熱く語る彼のお店では、毎晩ステキな心のふれあいが生まれています。楽しい時間をぜひFCボルトナットで!

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1963

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

     

    MORE>
  • ニュースレター109号

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」109号「2010年8月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・社長旅日記:タイの旅行記を写真と一緒にお届け。「アユタヤ」レンタル自転車で遺跡巡り。

    2・ばなな匠の会開催。業者さんと勉強会を開き、その後懇親会を致しました。

    3・ドクターリフォームのお仕事。毎回施工例を紹介させていただいているコーナーです。今回は宇都宮市内でバリアフリーリフォーム計画を実行したお客様をご紹介。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

    お申し込みはコチラから

    www.dr-reform.com/mail3.shtml

     

    MORE>
  • No86「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第86回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」7月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで7年と2ヶ月続ける事ができ、その回数は86回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、宇都宮さんご一家。将来的に同居をする予定の息子さん夫婦と二世帯リフォームを計画し、瓦屋根や和風の落ち着いた雰囲気を残しながらも、快適な空間と生活を手に入れました。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1905

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 帝国データバンクで紹介されました

    日本国内最大手の信用調査会社である帝国データバンクが発行する『帝国ニュース』(栃木県版)の『ビジネス最前線』にて、とちぎの元気企業として弊社が紹介されました。


    =================================================================

     

     

    住宅リフォームを手掛ける(株)ドクターリフォーム・サンセイ(宇都宮市岩本町)では、宇都宮市山本2丁目の山口弘人社長宅をリフォーム後にオープンハウス「息吹の家」として利用し、大型受注の確保に効果を上げている。

     

    「リフォームを考えているお客様に対し、我々は良きパートナーとなる事を常に心がけ仕事に取り組んでおります。私たちが過去の実績から蓄積してきたアイデアを見て頂きたい! まだまだ低いリフォーム業への信頼を高めたい! そんな思いで開放することを決めました」(山口社長)。息吹の家は、2007年春にリフォームした築27年の家屋。木造2階建て6LDK(162m2)をバリアフリーの2LDKに改修した広い間取りや、工夫を凝らした収納スペースなどが特徴で、ホームエレベーターや電動シャッターなど住宅資材は既製品を上手く組み合わせた。またトイレは2ヶ所に異なるメーカー製品を導入し、使い勝手や経年変化を比較できるようにするなど、ユーザーの関心が高い要素を具体的に表現している。

     

    「実際に家族が住んでいるという生活感もお客様に好評。クチコミで来訪者が増えています」と語る山口社長。「息吹の家」の3年間の来訪者数は1000人を超え、リフォームだけに止まらず新築の相談も増えているという。今後は、2020年までに来訪者累計2020人達成を目指す。

     

    間取りの変更に伴う耐震補強や冬の寒さ対策の断熱工事に関する情報、インテリア・照明・収納にいたるまで、ありとあらゆるリフォームアイデアを体感できる空間となっている。「どこに頼んだら良いかわからない。」「信頼できる地元のリフォーム会社を

    探したい」などと考えている人は、ぜひ一度この「息吹の家」に足を運んで欲しい。なお、見学は要予約。

     

    国内最大手の信用調査会社『帝国データバンク』

    www.tdb.co.jp/index.html

     

    ビジネスに有益な最新の情報が満載『帝国ニュース』

    www.tdb.co.jp/lineup/publish/news.html

     

    MORE>
  • ニュースレター108号

     

    ドクターリフォーム・サンセイから、OBのお客様を中心に郵送で届けさせて頂いているニュースレター「ばななレター」108号「2010年7月号」の編集作業も無事に終わり、皆さんのもとへ発送させて頂きました。

     

    今回の内容は

    1・社長旅日記:タイの旅行記を写真と一緒にお届け。「水掛け祭」ソンクラーンでのエピソード。

    2・息吹の家記念パーティー開催。来訪1000名を記念して、お客様と一緒に楽しい時間を過ごさせていただきました。

    3・ドクターリフォームのお仕事。毎回施工例を紹介させていただいているコーナーです。今回は宇都宮駅東口にOPENした「宇都宮餃子みんみん」さんをご紹介。

     

    ばななレターは、毎月一度の定期発行。購読はもちろん無料です。「いざリフォームをしようと思った時、どこに頼んでよいのかわからない」そんなご不安に少しでもお応えできればとの思いもありスタートさせたニュースレターですので、栃木県内にお住まいの方はぜひ定期購読のお申し込みを!

     

    お申し込みフォームはコチラ

    www.dr-reform.com/mail3.shtml

    MORE>
  • No85「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第85回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」6月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで8年目に突入する事ができ、その回数は85回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたのは、宇都宮みんみんの駅東店さん。リフォームさせて頂いたご家族というわけではありませんが、広々と明るく清潔感溢れるお店に生まれ変わり、美味しい味に加えられる従業員さんの笑顔もより一層ステキになったようです。

     

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1862

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

     

    MORE>
  • 宇都宮中心部にOPEN!

    そこで繰り広げられる会話には「夢」があり「ユーモア」に溢れている。ボルト&ナットの仕組みで固く結びつけられた何かが大切なものを形作っていく。人はそこでまた、明日の戦う活力を得て・・・

     

    宇都宮屋台横丁の南側、日の町通り道路をはさんで反対側の建物2階に6月9日OPENしたスポーツバー『FCボルトナット』スポーツ観戦が好きな方、バーでお酒が飲みたい方、くつろぎの時間に、ストレス発散に・・・ ぜひぜひ足を運んでみて下さい。(ドクターリフォーム・サンセイもお店のリフォームでお手伝いさせて頂きました)

     

    住所:栃木県宇都宮市二荒町9-5KJ二荒ビル2F

    電話番号:050-3437-2148

    営業時間:予定では19:00~翌5:00 ※不定休

    MORE>
  • 宇都宮駅東口に「宇都宮餃子みんみん」が!

    ドクターリフォーム・サンセイもお手伝いさせて頂いた「うつのみやみんみん」駅東口店がGW直前にOPEN!

     

    特に宣伝はしていませんが、さすが知名度ナンバーワン!クチコミで話題になりオープンから1ヶ月しか経っていませんが、ランチタイムには55席ある客席は、ほぼ満席。

     

    とは言っていも、今回のお店は厨房の製造量が今までのお店に比べ格段にアップしていますので、長い時間お待ちいただくことはありません。

     

    ぜひ一度清潔感溢れるゆったりとした「新☆宇都宮みんみん」に足を運んでみて下さい。

     

    営業時間10:00~20:00

    *広くゆったりとした店舗内には、大きな荷物をお持ちのお客様向けに無料ロッカーもご用意いたしました。大型車可の駐車場も完備しています。(60台、店舗ご利用の方は1時間無料です)

     

    ※パセオ店(JR宇都宮駅ビル)は、2009年1月15日(金)に閉店しました。

     

    宇都宮みんみんのホームページ

    www.minmin.co.jp/

     

     

    MORE>
  • No84「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第84回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」5月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで丸7年続ける事ができ、その回数は84回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、木村さんご一家。赤やんの誕生をきっかけに、広くて明るいナチュラルテイストなく空間をリフォームで手に入れました。ご夫婦が長年共通の趣味としてきたスキーや自転車もインテリアの一部として活躍しています。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1839

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 宇都宮市が大谷石を使った住宅に補助金を

    沖縄の住宅では、玄関に魔よけのシーサーを飾ります。そして栃木では大谷石を家のどこかに用います。

     

    なんて所までは普及していませんが、リフォームをお考えの方の中には「どこかに使いたい素材」として大谷石を挙げる方も少なくありません。我々ドクターリフォーム・サンセイでの長年、大谷石をインテリア&エクステリアとして、お客様宅にお届けしてまいりました。

     

    そして、この度宇都宮市が、その大谷石を利用した住宅に対する補助金制度をスタートしました。最大で20万円もいただけるそうです。これを機会に今お考えのリフォームに大谷石を取り入れてみませんか?

     

    毎日新聞の記事より

     

    「もう一度、宇都宮を大谷石の街に」。宇都宮市は住宅などの内外装に大谷石を利用すると、補助金を支給する制度をスタートさせた。国内屈指の凝灰岩の採掘場として知られた宇都宮だが、出荷量は年々減少。大谷石の需要掘り起こしのため、市や民間団体はあの手この手のPR策を練っている。【松本晃】

    市産業政策課などによると、軟らかく加工しやすい大谷石は、かつて家の塀や蔵などの素材として重用された。しかし、都市化の進行に伴い、蔵を持つ家庭も減少。出荷量も右肩下がりとなり、09年の出荷量は2・4万トンと最盛期のわずか約3%まで落ち込んだ。

    技術開発により、大谷石を内外装に使いやすいパネル状に加工することが可能となったこともあり、市は大谷石の復活に向け、本腰を入れ始めた。その第1弾が補助金制度だ。戸建て住宅5平方メートル以上、店舗などでは10平方メートル以上利用すれば、住宅は20万円、店舗などは50万円を上限に、大谷石の材料工事費用の3割を補助する仕組み。

    市には20日現在、申請1件のほか、問い合わせが約40件あった。市産業政策課の福冨茂男主幹(50)は「新しい使い道をまずは市民の皆さんにPRしたい」と話す。新築はもちろん、リフォームも対象となり、幅広い利用を呼び掛けている。実際、3月に大谷石を玄関の内装に使い住宅を建てた市内の会社員、石川直樹さん(32)は「大谷石の柔らかい雰囲気が気に入った。毎日壁を眺めてます」と魅力を語る。

    大谷石を見直す動きは徐々に広がっている。今年1月、NPO法人宇都宮まちづくり推進機構が宇都宮市馬場通りのラ・パーク長崎屋に大谷石の展示販売ブースを設けた。古い大谷石の蔵を市から買い取って、民間の事業者に公募して貸し出す事業も始めており、同法人の大岡幸雄事務局長(61)は「大谷石は宇都宮ならではの地域資源。それを生かした街づくりができれば」と話す。

    補助金に関する問い合わせは産業政策課(電話028・632・2427)へ。

    MORE>
  • No83「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第83回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」4月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで6年と11ヶ月続ける事ができ、その回数は83回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、小川さんご夫婦。宇都宮市内で郷土民芸店を営み毎日を忙しく過ごしてきたお二人が、中古の事務所建物を購入し、快適なコンパクト住宅にリフォームしました。これからもますます仲良くお元気に。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1812

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe

    MORE>
  • 下野新聞に掲載されました

    以下掲載記事より
    住宅リフォームのドクターリフォーム・サンセイが、宇都宮市山本2丁目の山口弘人社長宅をリフォーム後にモデルハウス「息吹の家」として利用し、大型受注の確保に効果を上げている。

    「お客様の希望を叶える私たちのアイデアを見せ、リフォーム業への信頼感を高めるため」(山口社長)2007年春に築27年の家屋をリフォームし、開放した。

    木造2階建て6LDK(162平方メートル)をバリアフリーの2LDKに改修した広い間取り、工夫を凝らした収納スペースなどが特徴。ホームエレベーターや電動シャッターなど、住宅資材は既製品を使った。2カ所のトイレは経年変化を比較するため、異なるメーカー製品を導入した。

    「今も子供が住んでいる生活感もお客様に好評。クチコミで来訪者が増えている」と山口社長。3年間の来訪者は1千人を超え、毎年20件前後の大型受注があるという。2020年までに来訪者累計2020人達成を目指す。見学は要予約。2010年4月6日 下野新聞朝刊

     

     

    とちぎのニュースなら下野新聞 オンラインニュース SOON ホームページ

    www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/economics/news/20100406/305398

     

    MORE>
  • ゴールデンウィーク期間中のお問合せ

     

    みなさん今年のゴールデンウィークのご予定はお決まりになりましたか?

     

    ドクターリフォーム・サンセイのゴールデンウィーク休館日は下記の通りです。

     

    4月29日       お休み

    4月30日・5月1日 通常営業

    5月2日~5日    お休み

    5月6日~       通常営業

     

    ☆リフォームの相談受付、弊社でリフォームをさせていただいたお客様のメンテナンス、工事中のお客様宅でお困りの件に関しては、休日中も転送電話にて対応させていただいております。

    0120-20-6551 または 028-621-6551 までご連絡を。

     

    それでは、みなさんよいGWをお過ごしください。

     

    MORE>
  • No82「家族の絆物語」

     

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第82回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」3月号に掲載されました。

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで6年と10ヶ月続ける事ができ、その回数は82回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、林さんご夫婦。ご主人が定年を迎えたことをきっかけに、家の中での夫婦のコミュニケーションを楽しんで行こうといったお2人の優しい思いがたくさん詰まったおしゃれな生活がリフォームをきっかけにスタートしました。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1786

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

     

    MORE>
  • No81「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第81回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」2月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで6年と9ヶ月続ける事ができ、その回数は81回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、吉澤さんご一家。離れと母屋をご両親と交換するバトンタッチリフォームです。新しくなった「家」に住まうことで、ご家族を大切にする思いが、これまで以上にグッと深まったようです。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1734

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 1月27日下野新聞朝刊

    2010.11月27日の下野新聞朝刊に、話題の住宅版エコポイントの記事が掲載されましたので、ご紹介します。

    住宅版エコポイントに熱視線 県内住宅業界(下野新聞社)

    省エネルギー性能が高い新築住宅や改修に対し、商品やサービスと交換可能なポイントを与える「住宅版エコポイント制度」に、県内の住宅メーカーやリフォーム業者が熱い期待を寄せている。新築は30万ポイント(30万円相当)、窓や断熱材などの改修も最大30万ポイント(同)を政府が付与する制度で、経済対策の一環として実施される。県内住宅着工戸数は昨年10月時点で9カ月連続前年割れ。住宅市場は冷え込んでいるだけに、各社は同制度を業績アップの起爆剤にしたい考えだ。

    今月15日、宇都宮市文化会館で開かれた「住宅版エコポイント制度説明会」。県内工務店や設計事務所の関係者ら千人以上が詰めかけ、国土交通省の担当者の説明を熱心に聞いた。

    ドクターリフォーム・サンセイ(宇都宮市、山口弘人社長)は説明会翌日から、自社ホームページで同制度を紹介。エコポイント対象物件の工事も始めた。

    山口社長は「国は住宅業界にも目を向けてくれた」と同制度を評価。特に300万円のリフォームの場合、1割も特になるため、「お客さんは新築よりメリットを感じる」という。特に「安く断熱効果を高め、結露も防止できる」という内窓取り付け工事が増えるとみている。

    全商品がエコポイントの基準をクリアしているというトヨタウッドユーホーム(宇都宮市)の石川均いしかわひとし専務は「設計力、商品力によってエコポイントが使える企業と使えない企業が出てくる。わが社にはメリットになる」と自信を見せる。

    ポイントは台所のグレードアップなどにも使える見通しで、同社はイベントを企画し、30万ポイントの取り込みも図る考えだ。石川専務は「2月上旬にも、本格的にエコポイントの宣伝を始める。この制度が家を持ちたいというきっかけになれば」と話す。

    省エネ法に基づく国交省認定の登録建築物調査機関「総研」(宇都宮市)は「住宅版エコポイントは省エネに的を絞った施策で、経済対策以上に地球温暖化防止効果がある。一般の利用者にとっても電気代、ガス代が安くなり、暮らしも快適になる」としている。(下野新聞1月27日朝刊)

    とちぎに住むなら下野新聞!

    ホームページはこちらから

    www.shimotsuke.co.jp/

    MORE>