INFORMATIONお知らせ

  • 完成現場見学会を開催しました。

    1月23日(土)24日(日)の2日間、昨年暮れにお引渡し渡しをさせて頂いたお客様にご協力をいただき、完成現場見学会を開催いたしました。

     

    当日は、現在リフォームのお打合せを進めているお客様から、まだどうしようか迷っているご家族まで、たくさんの方にお越し頂き、気持ちの良い冬晴れの下、様々なリフォームのポイントをご覧頂きました。

     

    ドクターリフォーム・サンセイでは、このような完成現場見学会を不定期ではありますが、今後も開催して行く予定です。ご案内はホームページやニュースレターでお届けいたしますので、まだ「ばななレター」を定期購読(無料で申し込みができ、月に一度郵送でお届け)されていない方は、ぜひお申し込み下さい。

     

    MORE>
  • No80「家族の絆物語」

     

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介している連載企画「家族の絆物語」の第80回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」1月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで6年と8ヶ月続ける事ができ、その回数は80回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もどうぞお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、永井さんご一家。お料理教室を主宰する奥様が、楽しく便利に片付けやすくキッチンを中心にリフォームをされました。広々としたキッチンに立てば、きっとお料理のレシピも増えることでしょう。

     

    リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1706

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • 団塊世代の安心塾

     

    下野新聞「くらすα」の欄に、団塊世代の安心塾というコーナーがあるのをご存知ですか?今回はその中でリフォームが取上げられていましたので、紹介させていただきます。以下平成21年12月29日下野新聞朝刊より

     

    『リフォーム』

    定年になり、子どもも巣立ったので自宅をリフォームするつもりです。注意点はありますか?

    住み慣れた愛着のある自宅にいつまでも住み続けたいと考える人は多いでしょう。リフォームは古くなった自宅の修繕だけでなく、間取りの変更なので、新しい生活を実現する絶好の機会となります。

    そのためにも、まずは今後のライフプランを見据え、リフォームの目的を明確にすることが大切です。「使わなくなった子ども部屋を趣味のスペースにしたい」「友人や子ども世帯を招待できるようキッチンと居間をつなげて大きくしたい」「最新設備で家事を省力化したい」などです。

    プライベート空間を共有スペースの区別についても夫婦で話し合い、お互いの考えをきっちり確認しておくことがカギといえるでしょう。

    予算を決めておくことも重要です。築20年以上でしたら、構造や配管の入れ替えなども考慮して資金的に余裕を持っておくことが必要です。

    また、今は元気でもいずれ訪れる老いへの対応として、段差の解消や手すり設置のための下地補強なども、あわせて実施しておくことをお勧めします。

    そうしたバリアフリー工事や耐震工事、省エネ工事に対しては、補助金制度を活用できる場合もありますので、リフォーム会社に相談してみましょう。

    そして、リフォーム成功のポイントは何といっても「優良なリフォーム会社選び」です。優良なリフォーム会社は、単なる化粧直し的な修繕工事だけでなく、予算に応じて、さまざまな提案をしてくれるからです。

    契約をしてから後悔しないように、営業担当者の対応や価格だけでなく、見積りに沿った施工をきちんと実現できるかどうか、保障内容やアフターサービスはどうか、といったことについて「会社の仕組み」として整っているかどうかで判断しましょう。 私たちのサイトでは、リフォーム会社の優良性を判断する基準を掲載しています。参考にしてリフォームを成功させ、自分たちらしい豊かなセカンドライフにつなげてください。(藤吉俊樹・リフォームサイト「ホームクリップ」代表)

     

    優良リフォーム会社を探すなら

    ホームクリップ

    www.homeclip.co.jp/

    MORE>
  • No79「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介するコーナー「家族の絆物語」の第79回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」12月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載記録も、お客様のご協力の下おかげさまで6年と7ヶ月続く事ができ、その回数は79回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もぜひお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、田崎さんご一家。お父様がお建てになり、ご自身もそこで育った思い出の家を、お母様や奥様みんなで意見を出し合い、今まで以上に思い入れを持つ事が出来る快適な家にしました。リフォームは家族の絆を深め生活を豊かにする魔法です。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1675

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • ばなな匠の会を開催しました。

     

    ドクターリフォーム・サンセイでは、ばなな匠の会(職人&メーカーさんチーム)とより良いリフォームの仕事創りをテーマに、勉強会を定期的に実施しています。今回もたくさんの仲間と分かりやすく学んで参りました。そしてその後は、一年間のねぎらいの意を込めて忘年会を開催しました。これも現場でのコミュニケーション力を深める上で大切なことなのです!

     

    今回の勉強のテーマは題して、お客様の声から学ぶ「満足度UP☆ばなな匠の会の挑戦!」以下当日配布した資料全文。↓

     

    ドクターリフォ-ム・サンセイでは、お客様の満足度向上のためにアンケート調査を実施しています。その中には「リフォームしてよかった」との喜びの声も多く寄せられています。まずはその一部を紹介しましょう。

     

    「真面目な働きぶりに祖父母が感心しておりました、皆様に宜しくお伝い下さい。」と古民家リフォームで新生活をスタートさせた池田様から、そして定年後の生活を、新しくしたダイニングキッチンでご夫婦仲良く楽しんでいらっしゃる郷間さまからも「大工さんを始め、皆さんの丁寧な仕事ぶりに大変感心しました。」とのコメントがありました。

    この他にもスタッフや匠の会メンバーに対するお礼の言葉などを、今年も数多く頂戴いたしました。ご協力ありがとうございました。

     

    さて、ではその反対にご不満の声はどうだったのでしょうか?今後の対応策と一緒にその一部を伝えしますので、今後の仕事に活かしより多くのお客様からお仕事がいただける様がんばりましょう!

     

    1「傷に気付いていながら、そのまま取り付けていました。」Aさまから

    見て見ぬふりは誰の得にもなりません。「あそこ傷ついていたよ」「ごめんぶつけちゃった」と自分の仕事以外でも気配りを忘れずに。

     

    2「工事の細かな説明が不足していた。」Iさまから

    説明を詳しくすることの他に、工事中にお客様とのコミュニケーションを深めることで、その満足度合いを察知して行きましょう。お客様の顔色が曇ってきたら現場ですぐに対策を。

     

    3「位置と寸法が違い、後日手直しをしていた。」Kさまから

    1の問題と同じように、気付いていた事を隠してそのまま進めたことから生まれた問題です。手直しは職人以上にお客様も嫌なもの。その家がジブンの家だと思って、毎回の仕事を進めてましょう。

     

    4「工期を短縮してもらいたかった。」Tさまから

    工事が一日でも早く終われば、お客様の満足度もそれだけでグッとアップします。仮住まいや工事をしながらの生活は、とても苦痛を感じるものです。次の職種が入るタイミングなども、工事全体の満足度が自分自身の仕事の評価と認識し、常に気持ちの良い連携で仕事を完成させていきましょう。

     

     

    最後に、大不況のこの時代に仕事を頂けることは本当に有難いことです。その認識がない方とは手を取り合う事自体出来ません。我々が求められている仕事は満足できる「生活を豊かにするリフォーム」です。仕事を取る事を考えるのであれば、まず先にまっすぐに目の前の仕事に取り組む事が何よりの営業になるのです。

     

    まずは気持ちのよい挨拶から!それがあしたの仕事につながって行くのですから・・・

     

     

    ドクターリフォーム・サンセイ 代表取締役 一級建築士 山口弘人

    MORE>
  • 日光音楽祭ツアーを開催いたしました。

     

    今年で9回目となる「日光音楽祭in東照宮」

    ドクターリフォーム・サンセイもバスツアーを組み、お客様と一緒に参加して参りました。

     

    演奏会の今年のテーマは民俗音楽の祭典。民謡日本一に輝いた古田佳子さんと元中学校教師のケーナー奏者、Renさんによる温かな心温まる演奏が会場いっぱいに響き渡りました。

     

    日光近辺の散策など寄り道もあり、皆さん会話も弾み、紅葉が見ごろのステキな日光で、楽しい一日を過ごしてまいりました。

     

    「古田佳子」日光市出身。平成14年度民謡民舞全国大会優勝。内閣総理大臣賞受賞。日本民謡フェスティバル・グランプリ。国境やジャンルを超え、さなざまな音楽・芸能とコラボレーションを意欲的に行い、民謡の魅力を伝え、現在活躍中。

     

    「Ren」足利市出身。筑波大学在学時にケーナと出会い、大学院終了時に南米を旅する。中学教師を経て、プロ奏者として活躍中。

     

    世界遺産~日光東照宮~公式ホームページ

    www.toshogu.jp/

    MORE>
  • 帝国データバンクで紹介されました

    『一生に一度の大きな買い物』マイホームは、誰もが真剣に考えて建てている。が、しかし、いざ我が家に住み、生活をしてみると使い勝手の悪さや不便さを感じてしまう事が多い。「定年退職を機にリフォームを、と相談に来られる方の中には、“若い頃に頑張って建てたマイホームだから、不便さは感じていてもグッと押し殺し、ずっと我慢してきた”とおっしゃる方が多くいらっしゃいます」と山口弘人社長は語る。また、最近は「せっかく手に入れた家なのに、使

    い勝手が悪くて困っている」と飛び込んでくる若い世代も多いという。

     

    昨今専門業者が増え、生活をより快適にするための設備機器の充実もあって、住宅リフォーム市場は急速に拡大した。そしてその市場の中で生活者は、リフォームによって満足または不満足のどちらかを手にすることとなる。山口社長は、過去に他社でリフォームし、期待した生活環境を手にすることができず、落胆している消費者の話しも多く耳にするという。“リフォームしたのにがっかり”そんな思いを、自分の会社の依頼主には絶対にさせたくないという強い気持ちが彼を支える。「お互い納得するまで依頼主と話し合いを重ねたうえで施工します。建築を知らないお客さん、特に主婦に対するわかりやすいヒアリングと表現力が重要だと思っています。そこに妥協はありません」。大変な手間と多くの努力が必要となるが、そこを絶対疎かにしない。「住む人が満足しているのだから、もっと値段を上げて利益を追求してもいいのでは?」と、こちらが尋ねたくなるほどの価格水準で、である。あくまでも適正な利幅で最高の技術を提供する、そんなまっすぐな姿勢を貫くことが彼と同社のプライドでもあり、その評判は口コミで広がり続けている。

     

    人気テレビ番組でリフォーム技術を競い、激戦のすえ勝ち得た「リフォームチャンピオン」の称号。そのバツグンの知名度で、全国からリフォームの依頼が寄せられるが、すべての時間を依頼主のために使いたいという思いから、移動時間を考慮し栃木県内案件しか引き受けないことに決めている。それでも他県から相談の電話が相次いでいるが、家の悩みを抱える人を見過ごすことはできないと、親身になってアドバイスや、他県にある知人のリフォーム会社を紹介している。

     

    「持てる技術を惜しむことなく注ぎ込んで、住む人に満足を届けたい」熱くそして強い意志を

    胸に、山口社長とスタッフは今日も愛する栃木県内を飛び回っている。

    Copyright(C)2009TEIKOKU DATABANK,LTD.

     

     

    掲載記事はこちらからご覧いただけます(PDF)

    www.dr-reform.com/img/chikara.pdf

     

    国内最大手の信用調査会社『帝国データバンク』

    www.tdb.co.jp/index.html

     

    ビジネスに有益な最新のニュースが満載『帝国ニュース』

    www.tdb.co.jp/lineup/publish/news.html

    MORE>
  • 下野新聞に掲載されました。

    住宅リフォームのドクターリフォーム・サンセイ(宇都宮市岩本町、山口弘人社長)は10までに、同社が手掛けたリフォーム事例50件を新規顧客に紹介し、見学や体験談を聞くことができる「地元のリフォーム先輩マッチング50」のサービスを始めた。

     

    50件の事例は、雨漏れの解消や、子育てを終え、夫婦だけで住みやすい家にするための「(床面積を減らす)減築」のほか「オール電化」「床暖房」「バリアフリー」「三世代住宅化」など、間取りの変更を伴ったものを中心に集めた。

     

    これまで新規顧客が自ら居住地近隣で同社の施工事例があるか、尋ねるケースが多いことから「近隣での施工事例に接することが、お客様がリフォーム業者の信頼性を測る大きな基準になる」(山口社長)と判断した。

    山口社長は「実際にリフォームを終え、知らないお客様を迎えて話してくれるのは、私たちの仕事に満足してくれているから」と、自信ものぞかせる。

    2009.11.11 下野新聞

     

    とちぎのニュースなら下野新聞 オンラインニュース SOON ホームページ

    www.shimotsuke.co.jp

    MORE>
  • No78「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介するコーナー「家族の絆物語」の第78回目が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」11月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載連続記録も、お客様のご協力の下おかげさまで6年と6ヶ月続く事ができ、その回数は78回を数える事となりました。これからも一つ一つの出逢いを大切にし、より多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、次回の家族の絆物語もぜひお楽しみに。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、磯さんご夫婦。思い出溢れるお住まいのリフォーム計画は最終的に新築に発展。温か味のある機能的な明るい空間が誕生しました。

     

    家族の絆物語はこちら

    http://www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1645

     

    とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    www.atochigi.ne.jp/tochipe/

     

    MORE>
  • ニュースレターの100号目を発送致しました。

     

    ドクターリフォーム・サンセイが、毎月発送し続けてきたニュースレター「ばななレター」。8年と4ヶ月の歳月を経て、この度100回号を発送致しました。

     

    当初は白黒で毎月継続して発送する事もままならなかったレターも、最近ではご覧のように整理され、OB読者の方々からもご好評をいただけるまでになりました。これも今まで応援して下さった皆様のおかげです。今後も200号を目指し、地元とちぎのリフォーム専門店として頑張って参りますので、応援よろしくお願い致します。

     

    メールでの配信も検討していますが、やはり少しでも温か味を感じられるレターにしたいと、封書でお届けさせて頂いております。

    リフォーム屋さんのニュースレターだからといって、便器やキッチン、塗装や木材のことが書かれているわけではありません。お客様とのコミュニケーションが目的ですので、栃木県内でのイベント情報や美味しいお店、ステキな人物、社長の旅行記など、ホンワカできてチョット耳よりな情報を今後もお届けしていきますので、まだご購読(無料です)のお申し込みをされていない方は、ぜひこれを機会にご登録下さい。

     

    *なお、ドクターリフォーム・サンセイは営業マンをおかない全国でも珍しいリフォーム専門店です。訪問営業は一切行っておりませんので、ニュースレターのご登録の際もご心配なく。

    MORE>
  • No77「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介するコーナー「家族の絆物語」の第77回が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」10月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載連続記録も今回で77回。これからもより多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、池田さんご夫婦。築150年の農家住宅をリフォームし、シックで落ち着きのある和モダン空間となりました。

     

    http://www.atochigi.ne.jp/tochipe/←とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    MORE>
  • 日経住まいのリフォーム博

    9月23日~26日まで東京ビックサイトで開催された日経住まいのリフォーム博に参加して参りました。

    今年は不況の波もあり、出展ブースは昨年に比べ少なめでしたが、それと反比例するかのようにリフォームの相談に来たユーザーさんの熱心さは高まっていたようです。

     

    ドクターリフォーム・サンセイは、日本増改築産業協会ジェルコの会員でもありまして、今回はそのお手伝いという事で、辰巳琢郎さんをゲストにお招きし「夢リフォーム」と題したパネルディスカッションイベントを他のメンバーと一緒に開催して参りました。

     

    当日は実際にリフォームをお考えの方々からの質問を、辰巳さんが直接お応えする質問タイムや、リフォームのプロからのアドバイスタイムもあり、中身の濃い充実した時間となりました。

     

    栃木からは、電車に乗って2時間程度で行ける東京ビックサイト、ぜひ来年のリフォーム博に遊びに行ってみてください。

     

     

    日経住まいのリフォーム博ホームページはこちら

    sumai.nikkei.co.jp/reform/reformhaku/event/index.html

     

    日本増改築産業協会 ジェルコのホームページもどうぞ

    www.jerco.gr.jp/

     

    辰巳琢郎の家物語もぜひご覧下さい。BS朝日で放映中!

    www.bs-asahi.co.jp/tatsumi/

    MORE>
  • No76「家族の絆物語」

    毎回、栃木県内のリフォーム家族をご紹介するコーナー「家族の絆物語」の第76回が、宇都宮を中心に配布されている、栃木の生活応援情報マガジン「トチペ」9月号に掲載されました。

     

    前人未到の連載連続記録も今回で76回。これからもより多くのご家族にご満足いただけるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、戸田さんご一家。大正時代に建てられた家をリフォームし、快適なセンスあふれる空間となりました。

     

    http://www.atochigi.ne.jp/tochipe/">←とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

     

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

     

    家族の絆物語のコーナーはココをクリック

    www.dr-reform.com/page_03_03.shtml

    MORE>
  • ばなな匠の会を開催いたしました。

    ドクターリフォーム・サンセイのマスコットマーク「ばななくん」にちなんで、我々の職人会は「ばなな匠の会」と名付けられています。

    日頃は現場での作業に汗をする、みんな気持ちが真っ直ぐな職人さんたちです。

     

    そんな「ばなな匠の会」では、年に数回、懇親会や勉強会を行っております。今回は、宇都宮駅東口になる第一トーヨーボールさんにお邪魔して、ボーリング大会を開催しました。

     

    お客様とはもちろん、職人間のコミュニケーションも大切となるリフォームのゲンバ。このような交流タイムも、仕事を円滑に進める上でとても大切な事なのです。

     

    スコアは別として、みんなで気持ちの良い汗をかき、よく笑い楽しい時間を過ごす事が出来ました。

     

    今後とも、我々ドクターリフォーム・サンセイ並びに、ばなな匠の会をよろしくお願い致します。

    MORE>
  • 風と緑の幼稚園のリフォームが完成

    ドクターリフォーム・サンセイもリフォームでお手伝いをさせていただいていた風と緑の幼稚園のリニューアル工事が終了し、内覧会が開催されました。当日は多くのお子さんが来園し、賑やかな一日となりました。

     

    以下 8月25日下野新聞朝刊より↓

     

    異業種の県内若手経営者6人が結集してリニューアルを手掛けた宇都宮市下栗町の自然保育学園「風と緑の幼稚園」(大塚雅斗理事長、208人)は24日、改築した園舎の内覧会を開いた。教室の天井に青空を描き、園児が集えるウッドデッキを設置。園名の通り自然をイメージし、明るい雰囲気に生まれ変わった。

     

    改築工事は、夏休みに合わせ7月下旬から約1カ月掛けて実施。園舎の壁は青から白色に塗り替えた。「真っ白いキャンバスに園児がそれぞれの色を塗っていってほしい」。園づくりに園児の個性が生かされる、との願いを込めた。

     

    園児の遊び場やイベントにも使えるウッドデッキのほか、教室の床には天然のパイン材を使うなど、木のぬくもりを重視した。

     

    リフォームを担当した「ドクターリフォーム・サンセイ」(宇都宮市岩本町)の山口弘人社長は「塩ビシートの床では座ったり寝転がったりしにくい。天然素材を使うことで、子どもたちは肌で触れることができ、より家庭に近いイメージになる」と話す。

     

    内覧会には園児や卒園生、保護者ら約300人が参加。プロバスケットボールチーム「リンク栃木ブレックス」から、マスコットのブレッキーや専属チアリーディングチームのブレクシーも登場し、園児と触れ合った。

     

    PTAの鈴木めぐみ会長は「何より子どもたちの反応がいい。25日からの2学期が楽しみ」。総合保育サービス業「キッズコーポレーション」の社長を務める大塚理事長は「ソフト面が重要。子どもたちの内面を見つめ、無限の可能性を引き出す教育を行っていきたい」と話している。

    MORE>
  • No75「家族の絆物語」

    毎回、リフォームで笑顔を手にしたご家族を紹介している「家族の絆物語」も連載記録が続き今回で第75回目を迎えることができました。

     

    今回ご紹介させていただいたご家族は、高根沢町で耳鼻咽喉科「越井クリニック」を営む越井さんファミリー。記念写真はクリニックで働くスタッフの方々にもご参加いただきました。

     

    家族の絆物語のコーナーはココをクリック

    www.dr-reform.com/page_03_03.shtml?1545

     

    ←とちぎの生活応援情報マガジン「トチペ」はこちらから

     

    *電子ブックとしてすべてのページも閲覧可能です。

    http://www.atochigi.ne.jp/tochipe/

    MORE>
  • トチギジョブに弊社代表の山口弘人が紹介されました。

    『やるんだよ』

    旭野:格言というと堅いのですが、自分で決めている事とか好きな言葉とかありますか?

    山口:父(現会長)が口にした言葉なのですが、これが最初は笑っちゃって。でもよく考えてみると、シンプルだけどスゴイなって思えるのです。それは『やるんだよっ』でした。どうしても困った時に、父に相談した事があったんです。そしたら『やるんだよ』って(笑)

    旭野:シンプルでわかりやすいですね(笑)

    山口:父は、きっと私なんかよりも、ずっと大変な経験を乗り越えてきたのですね。眠れない日々が続いた時に、悩んでいてもしょうがない。やるしかない、そして、『やるんだよ』に行き着いたのだなと思いました・・・。

     

    栃木県内の中小企業を応援するサイト「トチギジョブ」の成功者インタビューに弊社代表の山口弘人が紹介されました。

     

    つづきはコチラから↓

    トチギジョブ

    www.tochigijob.jp/2009/000411.html

     

    このサイトを運営するのは

    アサヒノ広告株式会社

    www.asahino-ad.co.jp/

    MORE>
  • 下野新聞にて弊社も参加するプロジェクトが紹介されました。

    宇都宮市下栗町の「しもつけ幼稚園」(208人)の改革に、異業種の県内若手経営者が結集した。今年3月、新理事長に就任した総合保育サービス業「キッズコーポレーション」(同市泉町)の大塚雅斗社長(43)がビジネス仲間に呼び掛け、「改革プロジェクトチーム」を結成。施設のリフォームやイメージ戦略などで知恵を絞り、新しい幼稚園像を模索している。

     

    託児所を全国展開する大塚社長は、幼稚園教諭や副園長の経験がある。ベンチャー企業社長が幼稚園経営と「二足のわらじ」を履くのは全国でも異例だ。

     

    「従来の幼稚園の在り方を変えたい。手伝ってくれないか」。呼び掛けると、5人の仲間が集まった。

     

    インテリアデザイン「エフ・モード」の亀田トモノリ社長(44)、デザイン事務所「カテル」の渡辺博昭社長(41)、住宅リフォーム「ドクターリフォーム・サンセイ」の山口弘人社長(36)、看板・サイン制作「アイデクト」の栃村克彦社長(35)、タウン誌もんみやを発行する「新朝プレス」の橋本大輔社長(33)。

     

    「園児の環境を良くする委員会」「パパママPR委員会」を設置し、築30年以上たつ施設のリフォームと、保護者にビジュアル面でアピールすることから検討を始めた。

     

    幼稚園運営は専門外。メンバーはそれぞれの仕事の持ち味を生かし、アイデアを出し合った。園児や保護者に園の理念を理解してもらうためのコンセプトブック(絵本)を作り、制服のデザインや園児バスの外装も統一イメージで一新した。

     

    教室の床に竹を使うなど自然素材を重視。法人本部の事務室は保護者が集う「パパママカフェ」として改装し、BGMも流している。「見違えるように変わった」と、保護者からも好評だ。

     

    リーダーの亀田社長は「仲間や保護者とよりよい幼稚園をつくっていく仕事はやりがいがある」。大塚社長は「改革をさらに進め、子ども一人一人が主役の、日本一の幼稚園にしたい」と意気込む。

     

    7月1日、園名は「風と緑の幼稚園」に変わり、新たな一歩を踏み出す。

     

    下野新聞掲載記事(web版下野新聞SOON)

    www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/local/news/20090630/166728

     

     

    風と緑の幼稚園ホームページ

    www.kazetomidori.ed.jp/

     

    エフモードホームページ

    www.f-mode.jp/

    MORE>
  • 栃ナビ社長メシに紹介されました

    信頼関係が、何より大切

    …ホラみて。ね、お客さんが次々くるでしょう…(ヒソヒソ)。これがもう、何よりもうれしいんです!実はこのお店、我々がリフォームのお手伝いをさせてもらったんですよ。コンセプトは、「若者を楽しませる昭和の食堂」。女の子が1人でも気軽に入れる、カフェのようなラーメン屋さんを目指しました。店舗は、完成してからが勝負。簡単にいうと、繁盛してくれないと成功じゃないんです・・・

     

    地元とちぎのクチコミナビとして、飲食から住まいに関する情報を広く我々に届けてくれる「栃ナビ」

    今回はその中でも、栃木を索引するTOPが登場し、地元のうまいものを紹介するコーナー「社長メシ」に弊社代表の山口弘人が紹介されました。

     

    栃ナビ社長メシ紹介記事はコチラ

    www.tochinavi.net/feature/home.shtml?id=776

    MORE>
  • 文化出版局『ミセス』で紹介されました

    ドクターリフォーム・サンセイが公開しているオープンハウス『息吹の家』が、ミセス2009年6月号(5月7日発売)にて紹介されました。

     

    『息吹の家』は、エコキュートを導入したオール電化住宅で、環境に配慮しながらも、その高いデザイン性が誌面で紹介されました。

     

    ぜひご覧ください。

    掲載記事はこちらからご覧いただけます(PDF)

    www.dr-reform.com/img/mrs.pdf

     

    『ミセス』(文化出版局)

    books.bunka.ac.jp/onlineMRS/index.html

    MORE>
  • 帝国データバンクで紹介されました

    日本国内最大手の信用調査会社である帝国データバンクが発行する『帝国ニュース』(栃木県版)の『企業最前線』にて、とちぎの元気企業として弊社が紹介されました。

     

    (以下リード文より)==================================================================

    ~栃木県を愛してやまないリフォーム王が率いる技術集団~

    世の中のあらゆる事象をテーマとし、その道の達人たちが頂点を目指しガチンコで競い合う番組『TVチャンピオン』(テレビ東京系)。勝負における参加者の真剣さと高度な知識・技術が見る人の心をつかみ、高い視聴率を生み出していたこの番組の「住宅リフォーム王選手権」でチャンピオンの栄冠に輝いた会社、それが現在の(株)ドクターリフォーム・サンセイ。そして、その技術集団を率いるのが代表取締役社長 山口弘人氏である。当時同社の社員であった彼はまだ29才で、競争相手はいずれも年上。しかし、若さとこれまで培った現場力で強敵に競り勝ち、見事リフォーム王の栄誉を手にしたのであった。

    ==================================================================

     

    創業当時から、リフォームの草分け的存在として栃木県に根を張って少しずつお客様に受け入れられていくまでの会社の歴史、そして弊社代表山口弘人の人となりが分かりやすく紹介されています。ぜひご覧ください。

     

    Copyright(C)2009TEIKOKU DATABANK,LTD.

     

    掲載記事はこちらからご覧いただけます(PDF)

    www.dr-reform.com/img/saizensen.pdf

     

    国内最大手の信用調査会社『帝国データバンク』

    www.tdb.co.jp/index.html

     

    ビジネスに有益な最新の情報が満載『帝国ニュース』

    www.tdb.co.jp/lineup/publish/news.html

    MORE>
  • 満員御礼!

    宇都宮市内中心部、築18年の中古住宅を購入しリフォーム。

    ご主人、奥様、そしてお子さんたちも大満足のデザインリフォーム!

    完成したこの物件を、多くの方にご覧いただきたいと、見学会を開催致しました。

     

    施主自らが話す、リフォーム後の感想などは、お越しいただいたお客様にも、分かりやすかったと好評でした。

     

    新築の住宅展示場とは違い、なかなか見学することの出来ないリフォームしたお宅。だからこそ、見たみたい!と思う方も少なくないのではないでしょうか?

     

    MORE>
  • より高品質なリフォームを目指して…

    『ばなな匠の会』とは、ドクターリフォーム・サンセイの協力業者会の愛称です。

    弊社のイメージキャラクター『ばななくん』は、古い家がリフォームでひと皮むけて、いつもニコニコ!を表現したキャラクターです☆

    そんなリフォームの仕事を実際に現場で作り上げていくのが、日々現場で奮闘する職人さんたち。リフォームを依頼して下さったご家族にはもちろん、ご近所さんにも笑顔の対応をして行こう!と言った思いからこのようなネーミングをつけました。


    今回の総会・懇親会では、約80名が参加する大きな集まりとなりました。これからも、より高品質なリフォームを実現し、お客様の「リフォームをして良かった!」のために、一致団結して仕事に取り組んでまいります。

     

    今後もばなな匠の会メンバーをよろしくお願いします。

    ばなな匠の会主なメンバーの紹介はこちら

    www.dr-reform.com/profile5.shtml

     

    MORE>
  • テレビ東京『チャンピオンズ』で放送されました


    『チャンピオンズ』(テレビ東京)は、これまで『TVチャンピオン』で日本一の栄光をつかんできた職人や知識人たちが世界中の困っている人を救うという内容です。



    2009年3月19日に放送された、「収納リフォームのチャンピオン達が、今すぐできる超節約収納術を教える2時間スペシャル!」に出演いたしました。



    あの『TVチャンピオン』(テレビ東京)の住宅リフォーム王 狭小一戸建てリフォーム決戦(2002年11月21日)優勝から6年。今回は、「おばけ屋敷」と呼ばれていた築90年のお宅を、栃木ならではの素材である大谷石・烏山和紙・益子焼・杉並木などをふんだんに取り入れたおしゃれリフォームを形にしました。



    ご覧いただいた皆様、誠にありがとうございました。



    下記より、番組のご意見・ご感想を大募集しております。どうぞお気軽にお客様の声をお寄せください。



    番組に関する皆さんのご意見・ご感想はこちらからどうぞ!


    www.dr-reform.com/champions.shtml



    『チャンピオンズ』(テレビ東京)


    www.tv-tokyo.co.jp/champions/index.html



    住宅リフォーム王 狭小一戸建てリフォーム決戦(2002年11月21日放送)フォームの終わり





    www.tv-tokyo.co.jp/tvchamp1/backnumber/back.htm

    MORE>
  • リモデルスタイル作品コンテスト2008


    「リモデルスタイル作品コンテスト2008」は、TOTO、DAIKEN、YKK APが主催する全国の優れたリフォームを表彰するコンテストです。



    全国から3000作品を越える応募があるなか、Dr.リフォーム・サンセイが設計・施工した以下の2物件が入賞し、全国優秀賞を受賞しました。



    ■キッチン部門 優秀賞


    S邸 ~おもてなしの空間~


    http://www.dr-reform.com/page_01_02_03.shtml?1097



    ■エントランス部門 優秀賞


    S邸 ~ホテルの高級感と自宅の安らぎ~


    http://www.dr-reform.com/page_01_02_03.shtml?1191



    受賞作品は、TOTOのリフォームサイト『リモデルjp』でも2009年4月よりご覧いただけます。



    Dr.リフォーム・サンセイは、お客様へより良いリフォームをお届けしていくためにコストパフォーマンスを追求し、これからもデザインそして施工の品質を高めて参ります。



    リモデルスタイル作品コンテスト


    www.j-tips.co.jp/toto_remodel/contest2008/index.htm




    MORE>
  • BS朝日『辰巳琢郎の家物語』で紹介されました


    BS朝日『辰巳琢郎の家物語』で紹介されました



    Dr.リフォーム・サンセイが設計・施工を手がけ、現在一般公開中のリフォームオープンハウス『息吹の家』。



    その『息吹の家』が、BS朝日のリフォーム番組「辰巳琢郎の家物語~リモデル★きらり」で紹介されました。番組は、建築通として知られる辰巳琢郎さんがナビゲーターとして、リフォームすることで新しいライフスタイルを楽しむという「リモデル」をしたお宅を紹介するという内容。『息吹の家』に隠された様々な魅力があますところなく存分に紹介された内容となりました。



    ◎辰巳琢郎の家物語~リモデル★きらり


     BS朝日(BSデジタル放送5チャンネル)



    ◎放送日時:12月13日(土)12:00~12:30


             12月20日(日)12:00~12:30(再放送)



    辰巳琢郎の家物語~リモデル★きらり


    www.bs-asahi.co.jp/tatsumi/



    オープンハウス『息吹の家』


    www.ibuki-no-ie.com/



    リモデルについて詳しくは「リモデルjp」へ


    re-model.jp/



    MORE>
  • ジェルコ リフォームデザインコンテスト


    国内最大のリフォーム関連企業の全国組織、日本増改築産業協会(ジェルコ)では、『デザイン技術の追求・相互研鑽』を目的として、毎年『リフォームデザインコンテスト』を開催しています。Dr.リフォーム・サンセイでは、昨年の全国優秀賞に続き、応募総数404作品の中から、関東甲信越支部大会にて優秀賞を受賞しました。



    ◎北関東甲信越支部大会優秀賞 S様邸


     設計デザイン/齋藤幸子 工事監督/吉澤孝之



    ファミリー向けのマンションを、自宅にいながらにしてホテルのようなリラックスできる空間づくりを実現したリフォームです。



    Dr.リフォーム・サンセイでは、「インテリアデザインを通して、お客様、社員皆の生活を豊かにする」の理念のもと、引き続きデザインの研鑽に努めます。



    S様邸リフォーム~ホテルの高級感を自宅でも~


    www.dr-reform.com/page_01_02_09.shtml



    MORE>
  • 弊社代表山口が下野市南河内公民館にて講演致しました。










    「お知らせ」記事の編集










    フォームの始まり

















    記事一覧に戻る














































    「お知らせ」記事の編集



    タイトル





    日付





    アイコン表示





    画像




    画像の変更   画像の削除



    本文




    リンク1



    見出し :
    URL : http://



    リンク2



    見出し :
    URL : http://



    リンク3



    見出し :
    URL : http://





    記事の削除






    フォームの終わり





    弊社代表山口が下野市南河内公民館にて講演致しました。



    去る9月5日、平成20年度南河内公民館で開催中の下記3講座の講座受講生を対象に弊社代表山口弘人が講演を行いました。


    講演のテーマは、「家族が幸せになる住まい」。これまで住まいづくりに携わってきた経験から、家族が幸せになる住まいには、どんな大切な要素があるのかをお話させて頂きました。



    対象は、南河内公民館で開催中の生涯学習講座「大人の総合学習」、「ゆうがお大学」、「家庭教育セミナー」の3講座で、当日の会場はほぼ満員となりました。



    ◎参加されたお客様の声◎


    -とても分かりやすく、2時間があっという間でした。将来リフォームする際の参考になりました。 (30代 女性)


    -リフォームはただ具合の悪いところを直すだけだと思っていましたが、リフォームで家族の絆が深まったりストレスがなくなったり、心のリフォームにもなるということが、よく分かりました。 (30代 女性)


    -家を建てる場合に、どんな事に配慮していけばよいのか、そのポイントなど楽しく聞くことができました。家を大切に思われる山口氏の意気込みも感じられ、有意義な時間でした。ありがとうございました。 (30代 女性)


    -家を建ててもうすぐ20年になり浴室やキッチンのリフォームを考えているので、オール電化の話などよかったです。 (40代 女性)


    -日々の生活のみならず、家族の絆の事まで考え快適な住まいを提案していただける、本当に素晴らしいお仕事だと思いました。とても参考になりました。 (40代 女性)


    -とても勉強になりました。リフォームしたばっかりで、もっと早くお話を伺っていたらと思います。そしたら、もっと良いリフォームができたのではないかと残念に思います。 (60代 女性)


    -今までにない講演の内容で、関心を持ちました。 (60代 男性)



    Dr.リフォーム・サンセイでは、県民の皆様にリフォーム持つ素晴らしい可能性を少しでも感じて頂くため、皆様からのご依頼に応じこのような講演を行っております。どうぞお気軽にお問合せ下さい。



    下野市南河内公民館


    www.city.shimotsuke.lg.jp/hp/page000000800/hpg000000702.htm



    生涯学習講座の案内はこちら


    www.city.shimotsuke.lg.jp/hp/page000002700/hpg000002646.htm



    MORE>
  • 生涯スポーツシンポジウムにパネリスト参加致しました


    日光アイスバックス、リンク栃木ブレックス、栃木SCの県内プロスポーツ三チームの関係者が一同に会する生涯スポーツシンポジウム(主催/栃木県教育委員会)が9月13日午後1時より宇都宮市瓦谷町の県総合教育センターで開かれました。「地域におけるスポーツ振興を考える」をテーマに、プロスポーツと地域のかかわりなどについて討論し、リンク栃木ブレックスの後援会長として、弊社代表山口弘人もシンポジストとして参加致しました。


    当日は、シンポジストの熱いトークが繰り広げられ、地域におけるスポーツの意義に参加者の方々は耳を傾けていました。



    栃木SCはJリーグ2部昇格を目指し、アイスバックスは市民クラブとして十年目、ブレックスは元NBAの田臥選手の加入、そしてJBL今季初参戦の節目を迎えて、それぞれ注目されています。



    === ::: 生涯スポーツシンポジウム ::: ===


    □テーマ□


       「地域におけるスポーツ振興を考える」


       ~プロスポーツが地域にもたらすもの~



    ■コーディネーター


    藤井 和彦氏 …白鴎大学教育学部発達科学科准教授



    <シンポジスト>


    ○日光アイスバックス


    えのきど いちろう氏 …株式会社栃木ユナイテッド取締役


    ○栃木SC


    柱谷 幸一氏 …監督


    ○リンク栃木ブレックス


    山口弘人 …後援会長



    平成20年度栃木県民スポーツ・レクリエーションフェスティバル


    tochigi.jp/education/sports/sports/1184116074961.html



    田臥勇太選手加入で話題沸騰の「リンク栃木ブレックス」


    www.tochigibrex.com/



    MORE>
  • 『トチペ』トップに聞くに代表山口が登場


    宇都宮を中心に無料配布されている生活応援情報マガジン『トチペ』5月号<トップに聞く>のコーナーで、弊社代表山口弘人が紹介されました。本コーナーは、宇都宮餃子会の伊藤信夫氏など、宇都宮で活躍する社長や会長などを特集するコーナーとなっています。




    ◇「トップに聞く」バックナンバー◇


    Vol.1 トヨタウッドユーホーム株式会社 代表取締役 中津正修様


    Vol.2 株式会社東武宇都宮百貨店 常務取締役 相沢正様


    Vol.9 共同組合宇都宮餃子会 会長 伊藤信夫様



    掲載記事はこちらからご覧いただけます(PDF)


    www.dr-reform.com/img/tochipe.pdf



    生活応援情報マガジン トチペ


    www.atochigi.ne.jp/tochipe/




    MORE>
  • Goodリフォーム3月号で紹介されました

     


    リクルートが出版しているリフォームの総合情報誌『Goodリフォーム』。現在書店にて発売中の3月号では、6P~7PにDr.リフォーム・サンセイが設計/施工させて頂いたお客様のリフォーム事例が見開きで紹介されています。



    ぜひご覧下さい。



    リクルート『Goodリフォーム』


    www.goodreform.jp/



    TOTOリモデルクラブ


    www.toto.co.jp/rc-search/index.htm



    MORE>
  • 2007年度『リモデルスタイル作品コンテスト』三作品入賞!

    入賞したリフォームは、下記の三部門です。



    ◆楽しくつどう部門  優秀賞   大平町 田中様邸


    ◆招いてもてなす部門 優秀賞


    ◆トイレリモデル賞  優秀賞  宇都宮市 海賀様邸



    コンテスト結果の詳細は、2008年1月初旬に発表予定です。今後も、快適さと高いデザイン性を追求し、より高品質のリフォームを提供して参ります。



    Dr.リフォームの設計デザインコンセプト


    www.dr-reform.com/page_05_02.html



    TOTOリモデルスタイル作品コンテスト概要


    www.toto.co.jp/company/press/2007/08/28.htm?rss=news



    TOTOリモデルjp


    re-model.jp/



    MORE>
  • 『プレジデント フィフティ・プラス』に紹介されました。



    『プレジデント フィフティ・プラス』(2007 12.12号別冊)に紹介されました。



    『プレジデント』別冊である新雑誌『プレジデント フィフティ・プラス』が誕生しました。マネー&ライフスタイル情報やさまざまな不安が渦巻く高齢化社会を生き抜くヒントがたくさん詰まった保存版の一冊です。



    特集『「金持ち」定年、「貧乏」定年』内のリフォームのトピックについて、弊社会長山口慶之助による解説が紹介されています。ぜひご覧下さい。



    安心・安全のリフォームは日本増改築産業協会(ジェルコ)へ!


    www.jerco.gr.jp/



    プレジデントOnline


    www.president.co.jp/pre/index.html






    MORE>
  • 第15回ジェルコデザインコンテスト全国大会

    日本増改築産業協会(ジェルコ)が主催する第15回ジェルコデザインコンテスト全国大会で、全国優秀賞を受賞しました。



    受賞したリフォームは、古民家の全面的にリフォームをした田中邸(設計担当/飯田勝己 工事担当/大橋良晃)。築二百年もの古民家が、住まいと家族の歴史を生かしながら、寒さ対策などの機能面の補強とともにデザイン性にも優れた住まいへと生まれ変わりました。





    今回のコンテストでは、栃木県内で唯一賞を受賞し、弊社では昨年の全国特別優秀賞に続き、1994年以来通算22回目の入賞となります。今後も、快適さと高いデザイン性を追求し、より高品質のリフォームを提供して参ります。



    安全・安心のリフォームはジェルコへ


    www.jerco.gr.jp/



    ジェルコデザインコンテストの詳細はコチラ


    www.jerco.gr.jp/contest/contest_2007.html



    田中邸のリフォームをみる


    www.dr-reform.com/page_01_02_08.shtml



    MORE>
  • 『下野新聞』で紹介されました


    下野新聞にて、先日発売された『夢を託せるリフォーム会社選び』が紹介されました。http://www.dr-reform.com/page_02_01.shtml?491




    <以下記事全文>


    ======================


    良質なリフォーム会社を選ぶコツをまとめた新刊書「夢を託せるリフォーム会社選び」(内海隆宏著、主婦と生活社)が刊行された。


     著者の内海氏が運営するリフォーム情報のウェブサイト「ホームクリップ」が策定した「業務品質基準認定制度」に基づき、全国の八十四社を特に業務品質の高い優良業者として認定して紹介。さらに一社ごとに利用者の満足度調査に基づき、星一つから三つまでのランク付けを行った結果も公表している。


     このうち本県からはドクターリフォーム・サンセイ(宇都宮市岩本町、山口弘人社長)とライファ宇都宮東(宇都宮市峰一丁目、齋藤貞夫社長)が認定を受け、いずれも利用者の満足度は星二つの評価となっている。


     同書では三十項目の業務品質基準を解説しているほか、社会問題化した悪質リフォーム業者にだまされないためのチェックリストを掲載するなど、消費者の側に立って構成されたノウハウ本となっている。


     また悪質リフォーム被害の防止対策にも力を注いできた日本増改築産業協会(東京都中央区)の山口慶之助会長(ドクターリフォーム・サンセイ会長)が「リフォームしたいと思ったとき、必ず手にしたい本。ミシュランのような公正な評価基準が欲しかった」と、同書に推薦文を寄せている。



    リフォーム会社紹介サイト最大手「HomeClip」


    www.homeclip.co.jp/



    『夢を託せるリフォーム会社選び』(主婦と生活社)


    www.shufu.co.jp/books/00003285.html



    MORE>
  • 安心・信頼のリフォームガイド本『夢を託せるリフォーム会社選び』発刊! (主婦と生活社)


    安心・信頼の夢を託せるリフォーム会社を選べるガイド本として、悪徳業者を見抜くコツからリフォームの基礎知識、優良なリフォーム会社を見つけ出す手法まで幅広く網羅した本が、6月1日、主婦と生活社より発刊されます。


    専門知識の少ない消費者に向けたリフォーム業界の不透明部分を明かすという今までに見られなかった画期的なノウハウ本とも言えます。



    発刊にあたり、弊社会長山口慶之助が、中間法人日本増改築産業協会(ジェルコ)会長として推薦文を寄稿させて頂いております。



    リフォームをお考え方、どうぞ書店へお急ぎ下さい!



    【書籍概要】


    名称:夢を託せるリフォーム会社選び


    著者:内海 隆宏


    出版社:主婦と生活社


    発売日:6月1日


    定価:1,100円+税


    判型:B5変(B5より若干大きいサイズ)



    『夢を託せるリフォーム会社選び』(主婦と生活社)


    www.shufu.co.jp/books/00003285.html



    リフォーム会社紹介サイト最大手「HomeClip」



    www.homeclip.co.jp/campaign/book/07/index.html



    中間法人日本増改築産業協会(ジェルコ)


    www.jerco.gr.jp/



    MORE>
  • サンウェーブ素敵なこの人に山口弘人が紹介されました。

     


    建築専門学校の友人達と


    勝ち取ったTVチャンピオン



     32歳の若き社長、山口さんは3年前、「TVチャンピオン・リフォーム王選手権」で見事、優勝している。



    「工事のために仲間が全国から12名、車に大工道具を積んで手弁当で駆けつけてくれました。寝起きを共にし、夢中で過ぎた5日間。会社のスタッフはもちろん、彼らがいなかったら優勝はできなかったと思います」



    その仲間とは。



    山口さんはかつて進学校の雰囲気になじめず卒業後入学したのが、富士山麓にある大工の学校「日本建築専門学校」だ。「色々あって落ち込んでいたんですが、生徒達はみんな素朴で純粋。彼らと学び、サッカーをしているうちに前向きな自分を取り戻しました」



     卒業後、山口さんはゼネコンの監督などを経てお父様のリフォーム会社を継ぐ。そんな彼にはお客様と接するときに一番大事にしていることがある。時間をかけて話を聞くことだ。こだわりを探り当て、文章化しタイトルを付ける。それがリフォームとして形になる。TVのときにつけたタイトルは「絆(きずな)」。施主夫婦の家庭事情を汲んだものだが、提案はズバリ施主の心を射た。



    徹底して相手の立場になって考えるのが信条。彼が仲間に愛される理由が、かいま見えるような気がする。



    サッカーは今の自分をつくってくれた静岡時代の象徴として、特別な思い入れがあるという。今も地元の友人と、そしてごくたまにかつての同級生とフットサルを楽しむ。



    お近くのサンウェーブリフォームショップはこちらから






    MORE>
  • プレイステーションにドクターリフォームが登場!

    2002年6月にプレイステーション2で発売された、簡単操作で家を建てたり、リフォームを体験できたりするシミュレーションゲーム「マイホームをつくろう!」の第2弾。前作同様、各種部屋のアイコンをパズル感覚でブロックに配置するだけで、間取りが作成できる簡単な操作方法となっている。こうして完成した家は、3Dで再現され、さまざまな角度から鑑賞したり、家の中を歩き回ることが可能。モードは、間取りやインテリア、外観などを選択して自分の理想の家を自由に作ることができる「マイホームをつくろう!モード」、建築士の夢の称号「匠」を目指して、さまざまな依頼に合った家を設計して依頼主を満足させる「匠になろう!モード」を用意。そのほか、ゲーム中に、江口恵津子、大塚泰子、坂本和子、佐々ゆうこ、中西宏次、原雅之、前出英子、山口弘人(ドクターリフォーム・サンセイ)の8人の建築家が家づくりのアドバイスをしてくれる。

    MORE>