PROCESS&PRICEリフォームってどんな風に進めるの?このリフォームっておいくら…?
施工の様子とコスト

身体が不自由だからこそ快適に さくら市

1-1 1-2

お風呂・洗面・トイレのリフォームが完成しました。奥様のご感想を聞いて見た所「ここだけ別世界になったみたい」大喜び♪リフォームはクセになると言いますが、さっそく別の場所もリフォームしたくなっているご様子でした。その際はぜひ快適空間造りを次回もお手伝いさせていただきたいと思います。

2-1 2-2

数多く浴室リフォームの経験から、タイル貼り在来浴室は、目地部分からしみ込んだ水分や床からの湿気などでその下地まで痛んでいることが多いのです。今回のお宅もご覧の通り・・・シロアリの影響を受けている場合もありますので、ご心配な方は診断を受けてみてください。

このような壁の中の構造がどうなっているかは、目視では判断することは難しく経験がモノを言います。築年数、床下の湿気、外壁の腐れ。あらゆる要因から判断し適切なプランとお見積をご提案します。

システムバスを設置する前に、給水・給湯・排水の配管を行うのと同時に、洗面所の床組を行いバリアフリーで浴室に入れるようにします。後々のメンテナンスを考えて洗面所には床下点検口を設けました。さらに水廻りリフォームの時に重要なのは構造材の腐食部分の対処です。今回も土台の腐食は激しく、新しく入替えました。さらに土台・柱は金物でしっかりと固定します。

3-1 3-2 3-3

ご家族3人暮らしのK様宅 水廻りリフォームの依頼を受けドクターリフォーム・サンセイ調査スタッフが出動。

お父様(80代)は脳梗塞で左側機能に障害が少しあり、長女様(55歳)も股関節の手術を終えたばかり。ご家族が生活上違う障害を抱えているこのご家族には、ユニバーサルデザインのバリアフリー水廻り空間をご提案&施工させていただく事になりました。

リフォームはその時だけの対処両方では本当の解決にはなりません。お話をよくお聞きし、そのご家族に合った最良の方法で進めて参ります。