FELLOWSHIP MEMBERSばなな匠の会

ドクターリフォーム・サンセイ協力会社のメンバーシップ「ばなな匠の会」をご紹介致します。

毎日それぞれの工事進行中のお宅で、お客様の快適な住空間を創り出すために奮闘している職人さんたち。
それぞれの仕事にこだわりを持ち、より良い住まいを創ろうとするこの方々の協力があってこそ、当社の目指す「家族を幸せにするリフォーム」が形になるのだと考えています。ドクターリフォーム・サンセイでは、定期的に会合を開催し、その職人さん達の日頃の労をねぎらうと共に、現場からの改善提案を募るなどして、パートナーとの結びつきを強めています。ここでは主要メンバーをご紹介しています。

  • 木の匠石川 廣康

    日本家屋を造る上で、最も重要な材料は木材。その木材を丁寧に大切に取扱い、プロの目で選別しお客様宅に届けます。良い木と良い職人の組み合わせが良い家には欠かせませんね。

  • 大工の匠小室 正國

    昔ながらの職人技を大切に丁寧な仕事をして行くことはもちろん、お客様が喜んでくれるシゴトを心掛けています。図面を書いてくれる設計士と話し合い、現場を完成させることに喜びを感じます。

  • 大工の匠金田 浩行

    昔取った杵柄、バレー部時代に培ったリーダーシップを存分に発揮し現場のリーダーとして家づくりをまとめます。細かな部分はお客様が住み続けて数年後にわかること。そんな所を大切にするのが本当のプロだと思います。

  • 大工の匠福島 正美

    うまい酒が今晩も飲めるように「しっかりと現場おさめっぺ!」妥協は大嫌い。お客さんが喜んでくれっと嬉しくて飲み過ぎちゃうんだよなぁ(笑)職人チームばなな匠の会を束ねるリーダーです。

  • 足場の匠平良 栄進

    安全第一!お客さんの家で事故があったら誰も良い気持ちにならない。だからこそ声掛け指さしを徹底し、毎日ヘルメットをかぶる時に気持ちを引き締めています。

  • 大工の匠暁 勝美

    仕事が楽しくて、お客さんに会えることが嬉しくて。人間性は仕事の質に現れます。気に魂を込めて、一棟一棟懇親の作品を造らせて頂ければ幸いです。

  • 塗装の匠野口 睦之

    仕上げ工事は現場の最終走者。それまで丁寧な仕事をつなげてくれたみんなに感謝をして、親から受け継いだ綺麗な塗装で仕上げます。

  • 内装の匠小林 良行

    クロスは仕上げの最終工事、お住まいになって一番目に入る所だから細心の注意を払ってシゴトします。ライトをつけても、下地のラインが一切出ない仕事ができた時がとっても気持ちいいです。そんな彼は、ドライブ好き。思いつきで家族を連れて茨城の海まで一走り。海鮮丼美味かった〜

  • 大工の匠三浦 巨人

    誰に見られても恥ずかしくない仕事心がけています。お客様が図面を見ただけでは想像しにくい部分も、現場でわかりやすく説明しながら進めています。物作りが好きだからこの仕事を続けています。休みの日は、今しかできない息子の空手を応援してます。

  • 屋根・塗装の匠樋口 一成

    綺麗に少しもズレないように仕上げたい。足場の上の作業も多いので安全第一。実は高所恐怖症。バイクレーサー活動の資金集めで家業を手伝ったことが現在の仕事に。全部仕上がった時の達成感にとてもやり甲斐を感じています。工事後も、現場の近く通ると見たくなっちゃう。子供の学童野球コーチが休日の楽しみ。教えた成果を見てまた達成感。

  • 家具の匠猪俣 克也

    ベテラン職人多い 怪我のないよう 納期を守り、家具を納品した際に見せていただけるお客様の笑顔が最高。
    子供との時間を大切にしてます。

  • 左官の匠吉尾 喜八郎

    この道50年以上。兄貴腕に憧れて修行の道へ。その後は京都大阪も周り技術をあげた。今は新建材ばかりだが、リフォームは昔の良い仕事出会うことが多く、若かった時のことを思い出しながら仕事するのも面白い。左官は水物。天気、温度、湿度により同じ仕事は2つとない。新しい現場に行くのが楽しみ。冬はスキー、夏はプール現役バリバリです!

  • 大工の匠菅野 保夫

    オヤジの背中を見て子供の頃から道具を触っていた。難しい部分を完成させた時に充実感を感じる。新築とは違うリフォームの醍醐味も実感している。休みの日は好きなコーヒーを自分で焙煎して味わう時が至福の時間。自家焙煎のコーヒーは現場と同じで、いつも違う味を出してくれる。